iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneの画面が勝手に急に暗くなった問題は「明るさの自動調節」で解決

この記事のURLとタイトルをコピーする

iphone-auto-brightness

iPhoneを使っていて、画面が急に暗くなって困ったことはありませんか?真っ暗になるわけではなく、一段階ぐらいグッと暗くなる感じです。

これはiPhoneの「環境光センサー」によるもの。設定で変更できますので、煩わしく感じている人はオフにしておきましょう。

iPhoneの「明るさの自動調節機能」

iPhoneを始めとする iOS デバイスには、周辺の光の具合をセンサーが感じ取って、画面の明るさを自動的に最適化する機能が備わっています。

iOS デバイスは、環境光センサーを使って、周辺光の状況に応じて明るさの程度を調節してくれます。このセンサーは、暗いところでは明るさを抑え、明るいところでは引き上げます。明るさの自動調節機能はデフォルトでオンになっています。

明るさの自動調節がオンになっていると、光の当たり具合が変わるにつれて、デバイスの明るさの調節スライダが自動的に動きます。

Via:iPhone、iPad、iPod touch で明るさを調節する – Apple サポート

でもこの気遣いが、逆に邪魔になるケースもあるんですよね。ゲームやってたりとか、動画を閲覧していたりとか、画面を極力明るく保っていたいときってあるもんです。

そういうときは、iPhoneの「明るさの自動調整機能」をオフにしてしまいましょう。

「明るさの自動調節機能」をオフにする方法

1iPhoneの設定アプリを開いて、「一般」 > 「アクセシビリティ」を選択します。

iphone-auto-brightness_1

2「ディスプレイ調整」を選択し、その中の項目「明るさの自動調整」をオフにします。

iphone-auto-brightness_2

解決しないときはホワイトポイントもチェック

基本的には上記の設定で解決しますが、それでも尚明るくならない場合は、「ホワイトポイント」の項目もチェックしましょう。

iphone-auto-brightness_3

この項目がオンになっていると、画面が暗くなってしまいます。特別な理由がない限りは「オフ」にしておいたほうが無難でしょう。

執筆後記

今回の件とは逆に「iPhoneの画面を、一番暗い状態から、さらにもう一段階暗くする方法」というのもあります。

真っ暗な部屋でひっそりと操作したいときなどに重宝しますので、合わせてチェックしてみてください。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です