iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPadの分割キーボードにある隠しキーを使えば入力はもっと速くなる

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPadを両手で持ち、親指だけでキーボード入力をしたい。そんな時に便利なのが「分割キーボード」ですね。この機能をご存じの方は多いかと思います。

では、その分割キーボードには、目に見えない隠しキーがある事は知っていますか?

これを知っておくと、今まで以上にタイピングが早くなること間違いなし。ぜひ覚えておきましょう。

IPadの分割キーボードには中央に隠しキーが存在していて超便利

iPadの分割キーボードと隠しキー

iPadの広い画面で素早くタイピングをしたいなら、机の上に置いてパソコンと同じように打ち込むのが、もっとも良いでしょう。私も普段はそうしています。

しかしたまには、iPadを両手で持ち、親指だけでタイプする場面も出てきます。

そんな時に役立つのが「分割キーボード」。

iPadのキーボードの中心を、二本の指で左右に広げていきます。すると、キーボードが二分割され、両画面の端っこに表示されるようになります。

IPadの分割キーボードには中央に隠しキーが存在していて超便利 1
IPadの分割キーボードには中央に隠しキーが存在していて超便利 2

これを利用すれば、iPadを持っている手の親指だけで、素早いタイピングができるようになるんです。

さて、ちょうど中心で二分割されたキーボードですが、慣れないうちは中央に配置されていたキーを、どちらの指で押そうか迷ってしまいがちです。

しかし、今日からその迷いも必要ありません。

何故なら、中央のキーは左右それぞれに配置されていて、どちらの指でも押せるようになっているのですから。

左のキーボードの「T」「G」「V」のすぐ右側には、見えないけれども「Y」「H」「B」が存在します。

逆に、右のキーボードの「Y」「H」「B」のすぐ左側には、見えないけれども「T」「G」「V」が存在するのです。

IPadの分割キーボードには中央に隠しキーが存在していて超便利 3

指でタップしてみても、画面上は何の変化もありません。ですが打ち込んだ文字にはちゃんと反映されます。

気になった人は、ぜひお手元のiPadで試してみてください。

これを知っていれば、もう分割キーボードの中心をどちらの指で押そうか迷うこともありません。迷わずに、そこにあると思って打てばいいのです。

あとがき

こういうちょっとした気配りがAppleらしいですよね。非常に丁寧で、隙がありません。

ベットで横になりながら操作するときなんかは、この分割キーボードが非常に役立ちます。今回のTIPSを合わせて覚えておけば、もっとiPadライフが楽しくなりますよ。

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です