iPhone

iPhoneで「Wi-Fiの自動接続を勝手にオンにさせない」という設定はない

wifi-auto-connect-off

iPhoneには様々な「ほら、あなたにとって便利だと思ったから、自動的に設定しておいたよ」というものがある。あるときには非常に助けられるのだが、ありがた迷惑だと言わざるを得ないものもある。

Wi-Fiの自動接続設定は、ありがた迷惑の代表だと思う。

iPhoneでは、Wi-Fiに一度接続すると、以降はそのWi-Fiの近くを通ると自動的に接続するように、勝手に設定される。これが迷惑極まりなく、困っている。

勝手に「自動接続をオンにする」を止める手段はない

wifi-auto-connect-off_2

たとえば先日、外出先でどうしてもWi-Fiに接続したくて、サンマルクカフェの無料Wi-Fiに接続した。

すると、私のiPhoneは、

「おっ、お前このWi-Fi気に入ったんか!ならこれからは、このWi-Fiを近くに見つけたら自動的に接続しといてやるよ」

といって、今後はサンマルクカフェの近くを通るだけで、勝手に接続するようになってしまうのだ。

公共のWi-Fiは、一般的にWi-Fiに接続しただけでは利用できず、接続したあとにアカウント登録やログインなどが必要となる。つまりWi-Fiに繋いだだけでは、Wi-Fiを利用できないのだ。

ここで問題が起こる。それは、私が町中を歩いているだけで、

  1. サンマルクカフェのWi-Fiを勝手に見つけて、勝手に接続をする
  2. しかし僕が意図して繋いだわけではないので、アカウントのログインはしていない
  3. これはつまり「Wi-Fiにはつながっているんだけど、インターネットに接続できていない」という状態

こういう不便極まりない状況になってしまうのだ。

無料Wi-Fiなんて、緊急性の高い一時的な対処であって、今後も継続して使いたいようなものではない。必要なときに、必要に応じて、僕の意思で接続ができればそれでいい。

勝手に接続なんてしないで欲しいのだ。

だから、勝手に「自動接続をオン」にはしないで欲しいと思い、あらゆる設定を見返してみたのだが、どうやらそういう設定はできないようだ。

非常に…非常に残念である。

「自動接続」をオフにすることはできる

ちなみに自動接続をオフにすることはできる。つまり「特定のWi-Fiに、勝手に接続しないようにする」という設定は可能だ。

「設定」アプリを開き、「Wi-Fi」と進む。自動接続を解除したいWi-Fiのアイコンをタップして、「自動接続」の項目をオフにすればOKだ。

wifi-auto-connect-off_1

こうすれば、今後はこのWi-Fiに勝手に接続することはなくなり、自分の意思をもって接続をしなければならなくなる。

iPhoneはWi-Fiに関する設定が弱すぎる

iPhoneは、Wi-Fiに関係する設定が弱すぎるように思う。

過去に接続したWi-Fiを一覧で確認することもできないし、接続するWi-Fiの優先順位を変更することもできない。

こんなのは、重箱の隅っこのほうにこびりついた米粒なのかもしれないが、放っておけばガッチガチに固まって取れなくなるのである。Appleさんには、ぜひこのあたりの設定もケアしてもらいたいものだ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ