ITツール

Twitterの検索結果からリツイート分を除外したいときの対処法

Twitterでキーワード検索すると、リツイートされた分まで検索結果としてヒットしてしまいます。特にサードパーティー製のTwitterクライアントで起こりやすい現象のようです。

Twitter rt exclude 1

これでは同じ情報ばかりが溢れてしまう。しかもリツイートされたものということは、場合によっては情報が古い可能性もあります。

今の状況が知りたい場合、これらのリツイートを除外し、純粋な元ツイートだけを表示させる必要があります。

方法は簡単。検索するキーワードに「exclude:retweets」か「exclude:nativeretweets」、もしくは「-RT」を付け加えるだけです。

例えば冒頭の「三軒茶屋」というキーワードで検索する場合、「三軒茶屋 exclude:retweets」か「三軒茶屋 exclude:nativeretweets」「三軒茶屋 -RT」のいずれかで検索すればOKです。

Twitter rt exclude 2

ただ、ウェブ版の公式Twitterではリツイートは検索対象にならないみたいですね。普通に「三軒茶屋」で検索してOKのようです。もっと言えば「三茶」という略称でもちゃんと「三軒茶屋」を検索対象としてくれるんですね。

Twitter rt exclude 3

その他にも高度な検索条件を設定することもできますので、組み合わせながら自分の知りたい情報を引き出せるようにしておきましょう。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-ITツール
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ