モノ・ガジェット

【MOFT Smart Desk Mat】仕事道具をまとめて整理できるデスクマット【レビュー】

review-moftsmartdeskmat

Mac用スタンドとして人気の「MOFT」が、今までにない全く新しいタイプのデスクワークアイテムをMakuakeにてリリースしました。

その名も「MOFT Smart Desk Mat」。

これ一枚で、あなたの仕事に必要な道具のすべてが整う!ワークスペースをスッキリと整理してくれるデスクマットとなっています。

MOFT Smart Desk Matとは、使うだけでワークスペースがスッキリ整理!快適かつ集中して作業が出来る、現代のワークスタイルに最適なデスクマットです。

今回、レビュー用に製品を提供いただきましたので、その魅力に迫ろうかと思います。

「MOFT Smart Desk Mat」の概要と特徴

MOFT Smart Desk Mat は、ベースとなる大きなスタンドボードと、そこにくっつけられる豊富なパーツ群で構成される、自分で好きにカスタマイズできるデスクマットです。

review-moftsmartdeskmat_3

いまや仕事は、パソコン一台で完結しません。

マウスにキーボード。パソコンの作業範囲を拡張するためのサブディスプレイ。ノートとして大活躍のiPadと、ライフスタイルを支えるiPhone。そして、オンライン通話や自分専用BGMに役立つワイヤレスイヤホンなどなど。

自分のデスクを見渡せば、これらさまざまなガジェットが、自分の居場所をしあい、肩をぶつけ合いながら所狭しと並び立てられています。

綺麗でスマートに仕事をしたかったはずなのに、いつの間にかデスクはごちゃごちゃ。後片付けも面倒なので、普段使わないようなものまで放置される始末——。

そんな無法地帯に、ひとつのルールを定め、自分たちの居場所を与えてくれるのが「MOFT Smart Desk Mat」です。

review-moftsmartdeskmat_36

ベースとなるスタンドボードには、強力な磁力が内蔵されており、付属している各種パーツを好きな場所に取り付けることができます。

このパーツの数や位置を変えることで、自分だけのデスクマットを完成させることができます。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

「MOFT Smart Desk Mat」同封されているパーツの一覧と使い方

review-moftsmartdeskmat_4

同封されているパーツの種類と数の豊富さには驚かされました。パッと見ただけでは何に使うものかの判断が難しいものも多かったので、ひとつひとつご紹介します。

1ベース:スタンドボード

まずベースになるスタンドマット。見た目よりも大きく、サイズは504×300mm。重量もあり、ガッチリとした安定感があります。

review-moftsmartdeskmat_6
review-moftsmartdeskmat_23
review-moftsmartdeskmat_24
review-moftsmartdeskmat_25

背面がパカッと開き、支柱を引き出すことで角度の調整が可能。「フラット」「25度」「45度」「60度」という、4つの角度で使用できます。

review-moftsmartdeskmat_1
review-moftsmartdeskmat_2

素材は高品質のヴィーガンレザー(PU素材)とのこと。肌触りがよく、なめらかで心地の良い質感です。

review-moftsmartdeskmat_5

0.5mmのマンガン板金を含んだ5層構造になっており、厚みが7mmで、重さが1.5kg。耐荷重は安心の3kgとなっています。
薄いのですが、ガッチリとした重厚感を感じます。

review-moftsmartdeskmat_7

2タブレットホルダー

折り目の付いた長方形のパーツが「タブレットホルダー」。半分に折りたたむと山が二つできます。

review-moftsmartdeskmat_20
review-moftsmartdeskmat_21

これをボードにくっつけると、立てかけるための出っ張りができます。iPadのタブレットを置くのも良いですし、PCが滑り落ちないように支えるストッパーにもなります。

review-moftsmartdeskmat_22

ちなみに、スタンドボード自体に磁力があるので、Apple Pencil などは直接ボードにくっつけられますよ。

3 MagSafe充電器

iPhoneをワイヤレス充電できる「MagSafe充電器」です。iPhoneをボードに立て掛けつつ、同時に充電もできるという優れもの。Type-Cケーブルに対応しています。

review-moftsmartdeskmat_14
review-moftsmartdeskmat_15
review-moftsmartdeskmat_38

4 ケーブルホルダー

MagSafe充電器に指したケーブルが、ぷらぷらと行き場をなくさないように抑えておくためのパーツです。

review-moftsmartdeskmat_18
review-moftsmartdeskmat_39

5スマホ用マグシール

MagSafeに対応していないiPhoneでも、このシールを貼ればボードにくっつけることができるようになります。

review-moftsmartdeskmat_40

6ブックホルダー

本のページが勝手にめくられないように、抑えるためのパーツ。真ん中でパカッと開くので、厚みのあるページでも抑えることができます。

review-moftsmartdeskmat_12
review-moftsmartdeskmat_13
review-moftsmartdeskmat_26

7メモホルダー

簡単なメモ書きをスタンドに貼り付けるためのパーツ。付箋などを貼り付けておくことができます。

review-moftsmartdeskmat_16
review-moftsmartdeskmat_32

8クッション

かまぼこ型のクッション。パソコンを置いたときのパームレストとして活躍します。弾力があり、手を置いたときに沈み込むぐらいの感触です。

review-moftsmartdeskmat_10
review-moftsmartdeskmat_11

また、スタンドボードの裏側にくっつけることで、膝の上に乗せるときの角度調整&クッションとしても活用できます。

review-moftsmartdeskmat_41

9Apple Watch ホルダー

Apple Watch を引っ掛けてためのホルダーもあります。私は Apple Watch を持っていないので、代わりに Xiaomi の Mi Watch を置いています。

review-moftsmartdeskmat_28

「MOFT Smart Desk Mat」使い方のバリエーション

上記で紹介したパーツは、それぞれ「想定されている使い方」を示したに過ぎません。柔軟な発想さえあれば、これらのパーツを組み合わせて、自分だけのデスクマットを作ることができます。

一番オーソドックスなのは、パソコンを中心とした使い方。横には iPad を置いて、サブディスプレイとして活用したり、ノートとして利用するスタイルです。

review-moftsmartdeskmat_31

あるいは、メインマシンであるパソコンは独立させ、パソコンを補助するためのガジェットをまとめる、などもいいですね。

review-moftsmartdeskmat_33

iPadでの作業をメインとした配置もいいですね。外部キーボードを繋いでタイピング環境を作りながら、手書きノート・アイデア発想も可能なスタイル。

review-moftsmartdeskmat_42

あるいは読書に集中するスタイル。本を広げながら、同時にiPadで読書メモを取れるようにしています。

review-moftsmartdeskmat_35

型にハマらず、自分のワークスタイルや仕事環境に応じて変化させられるのが「MOFT Smart Desk Mat」の最大に強みであり、魅力的なところです。

「MOFT Smart Desk Mat」の使用感レビュー

なんといっても、カスタマイズする楽しさですよ。豊富なパーツを組み合わせて、自分なりのスタイルを見つける過程が非常に楽しいのです。

特に、iPadやiPhoneとの相性が良いのが嬉しい。メインPCをスタンドに立てつつ、iPadをサブディスプレイとして利用。iPhoneをワイヤレス充電しつつ、通知が来たらすぐにチェックできる。そんな体制が今は気に入っています。

ガジェットだけでなく、ノートや本などにも活用できるのがいいですね。本当に "デスクごと持ち上げて移動させる" という感覚に近いです。

review-moftsmartdeskmat_43

ただ、角度調整が意外とシビア。

たとえばパソコンを置いたとき、一番ゆるい傾斜で25度になりますが、これでも結構な急角度。くわえて、パームレストを一緒に使わないと、手首が疲れてしまいます。

review-moftsmartdeskmat_29

サブディスプレイとして置くには、逆にちょっと角度が足りない感覚。最大傾斜の60度にしても、上から覗きこむようなスタイルになってしまうので、すこし見にくさを感じます。

review-moftsmartdeskmat_31

その際はマットを逆さにして、垂直に近い形で立てて配置するほうが適しています。

review-moftsmartdeskmat_34

あとは、やっぱり「大きく」て「重い」のがネックになりそうです。マットの重量が約1.5kgにもなるので、外出先に持ち運ぶような使い方は現実的ではありません。

サイズも大きくて、場所をとります。約50cm × 30cmの長方形になりますので、MacBook Airを横並びで2枚置いても余るサイズです。

これを配置するにはそこそこのスペースが必要。私は折りたたみテーブルを仕事用デスクとして使っているのですが、「MOFT Smart Desk Mat」を置いたら、それだけでパンパン。パソコンと横並びにすると、はみ出してしまいます。

review-moftsmartdeskmat_33

ご購入する際は、ご自身がどういうシーンで利用するのか、きちんとイメージしたほうがいいでしょう。

自由にカスタマイズできる柔軟性を持っていますが、そもそものマットの大きさはきちんと把握しておいたほうが良さそうです。

とはいえ、自分のデスク周りを、これ一枚で簡単に整理整頓できる手軽さは唯一無二です。

MacBook Air、iPad mini、iPhoneをはじめとして、イヤホン「Bose QuietConfort Earbuds」、変換アダプタ、収録用マイクなどなど。

デスク周りな小物も多く、コードもぐちゃぐちゃと散乱しがち。仕事で必要なガジェットは、日増しに増えていきます。

こうしたデスク周りの無駄なものを減らし、綺麗に整頓できるアイテムとあって、私はかなり助かっています。

特に私は、仕事で使ったものは毎回片付けるようにしているのでね。整理整頓の手間が減って満足満足でございます。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-モノ・ガジェット
-, ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ