09_ガジェット

カメラライフ向上宣言!コンデジを常に持ち歩く習慣は、良いケースから

カメラを楽しむ習慣作りには、2つの大きな壁があります。それは『持ち出す面倒』と『取り出す面倒』の2つ。逆に、これら2つの壁を解消できたからこそ、私は快適なカメラライフを送ることができています。

私は、みなさま知っての通り、自他ともに認める面倒くさがりです。そんな私が、この2つの障壁を解消し、快適なカメラライフを送れているのには、1つのケースに出会えたから。これがなければ、きっと今でもコンデジを持ち歩かず、iPhoneでばかり撮影していたでしょう。

今日はそんな、デジカメを持ち歩く習慣を身につけるためのオススメケースをご紹介します。

ちなみに、今回の話は『コンパクトデジカメ』に限った話になります。一眼レフやミラーレスは対象外。と言うのも、一眼レフやミラーレスはそのもの自体が大きく重すぎて、どんな工夫をしても持ち歩く習慣ができませんでしたので。

カメラライフにはPORTERのポーチがオススメ

習慣化を妨げる2つの障壁

カメラは、当然ではありますが、外出時にはカバンに入れて持ちださなければならず、シャッターチャンスにはカメラを取り出して構えなければなりません。

この2つ。当然のことのようですが、「これからカメラを始めよう!」と思っている人には大きな壁になりえる問題です。

これが2つの障壁『持ち出す面倒』と『取り出す面倒』です。

この2つの壁を乗り越えて、『カメラを常に持ち歩き、シャッターチャンスにはカメラを取り出して撮影する』という習慣を手に入れなければ、どんなに上等なカメラを持っていても宝の持ち腐れ。……まさに以前の私がそうでした。

持ち出すのが面倒くさい

「ま、今回の外出では持っていかなくていいか」と言ってカメラを持ち出さない日々。そして、10回に2回ぐらいは「あーカメラ持ってくればよかったー!」と後悔する。日常で起こりえる光景です。

持ち出さなかった理由は様々。ですが、大概は自分ででっち上げた言い訳です。「いや、今回はちょっと荷物が大きから」とか「まぁ人と会うだけだし」とか、そんな感じでカバンに入れずに出かけるんです。

ですから、10回中10回持ち出す習慣を付けなくてはいけません。常に携帯している状態を作り出さなくてはいけないんです。

取り出すのが面倒くさい

習慣化していない状態だと、カメラを取り出すのも面倒なんですよね。カバンに放り投げたカメラを探すのも面倒。カバンを降ろしたり、時にはチャックを開けることすら面倒に感じることもあります。

そして、ここでも自分への言い訳が始まる。「そんな写真で撮るほどの事じゃないでしょ」ってね。これが積み重なっていくうちに、とうとうカメラがホコリを被り始めてしまうんですよ。

だから、『すぐに取り出せる状態』を作る必要があります。

これを実現するために『首からぶら下げる』と言う選択もあります。ですが、個人的にあの姿であんまり町中歩きたくないんですよね。あと、肩と首にかなりの重量を感じるのも問題です。

そこで私のアンサーは『腰からぶら下げる』でした。

ベストアンサーはポーターのポーチ

これら2つの壁を乗り越えるために必要なこと。それに対する私のベストアンサーは『腰からぶら下げて、持っていても恥ずかしくないケースを手に入れる』でした。

そして見つけたのが『ポーターのポーチ』。誰もが知っている吉田カバンのポーチです。特に品質の良さには定評がありますね。

これに、私の愛用機『FUJIFILM XF1』を入れ、常に腰にぶら下げて外出しています。

ポーター PORTER ポーチ 4

これなら、他の荷物やカバンの邪魔にならないので、常に持ち歩こうという気になれます。また、常に『すぐに取り出せる状態』なので、カメラを取り出す面倒くささが解消されます。

ポーター PORTER ポーチ 5

ポーターのデザインについては、商品によって良し悪しが結構ハッキリ分かれます。なんか、見た感じすっごく安っぽく感じるシリーズもあるので、一概にすべての商品が好きなわけではありません。

ただ、このポーターのポーチは好きです。ビリビリと音のなるマジックテープではなく、ちゃんと金具のチャックで開閉できる所が好き。

ポーター(PORTER)-ポーチ(1)

腰に引っ掛ける部分もかなり上部で安心感があります。

ポーター(PORTER)-ポーチ(2)

サイズは「W85×H135(mm)」なので、大抵のコンパクトデジカメなら入ると思います。愛機「XF1」はコンデジの中でも少し大きめのものなので、近頃のコンデジなら大抵大丈夫でしょう。

また、外側にもポケットが付いているので、予備のバッテリーを入れておいたり、アウトドア用の10徳ナイフなどを入れるようにしています。

ポーター(PORTER)-ポーチ(3)

あとがき:THE*形から入る人

何を隠そう、私は『形から入る人間』です。何をするにも、ちゃんとした道具を揃えて始めたい派。それで失敗することも多々あるのですが、今回は数少ない成功例です。

ホントに、このケースのおかげで『カメラを持ち歩く習慣』が身につきました。そういう意味で、本当に良い買い物をしたと納得しています。

カメラを持ち出すのに躊躇した事のある方。もしくは、外出先でカメラを構える手間を惜しんだ経験のある方。そんな面倒くさがりさんにオススメな、カメラライフ始めの一歩のお話でした。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-09_ガジェット
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.