04_ウェブサービス 99_まとめ記事

ケース別QRコードを作成する3つの方法とツール

QRコードを作成する方法を、「URLから直接生成」「Chromeで開いているページから生成」「iPhoneから生成」の3パターンをご紹介。

何かと便利なQRコード。ただQRコードをいざ生成しようと思うと、意外と作り方に戸惑ってしまうこともしばしば。

なのでQRコードの生成パターンをいくつかまとめました。すべて無料で使うことができますのでご利用ください。

Qrcode 3 generator

URLから直接生成

QRコードを生成できるツールやウェブサービスなどありますが、実はURLから直接生成することもできます。

作り方は簡単。以下のURLの末尾にリンク先のURLを追記するだけです。

https://chart.googleapis.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=

例えば当ブログにリンクさせたい場合は、

https://chart.googleapis.com/chart?chs=150x150&cht=qr&chl=https://bamka.info

となるわけです。

「150x150」となっているのは画像サイズ。この数値を変更することで、生成されるQRコードの画像サイズを変更できます。

Chromeで開いているページから生成

Chromeで見ているページのQRコードを作る方法。これはChromeの拡張機能を利用するのが一番便利です。

私が使用しているのは「The QR Code Extension」という拡張機能。ボタン一つで現在開いているページのQRコードを生成します。

Qrcode 3 generator 01

ウェブディレクターとして、現在見ているページのスマホ版の表示確認をするときなどに重宝しています。

SafariやFirefoxでも同様のアドオン・拡張機能がありますので探してみてください。

iPhoneから生成

iPhoneからQRコードを生成するには、アプリを活用するのがオススメです。私が使っているのは以下のアプリ。

こちらのアプリを使えば、テキストはもちろん連絡先も簡単にQRコードにすることができます。

またSafariで現在開いているページをQRコードにすることもできます。

Qrcode 3 generator 02

まとめ

  • URLから直接QRコードを作成する方法があります。
  • PCのブラウザでは拡張機能やアドオンを利用すると良いです。
  • iPhoneならアプリを利用するのがオススメ。

それでは、今日はこのあたりで。

\ この情報をシェアしよう! /

-04_ウェブサービス, 99_まとめ記事
-, , , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.