01_基本と応用 04_メモリ管理・メンテナンス

iPhoneから音楽データを消す方法!応急的に容量を確保する荒業

写真や動画の撮影を楽しんでいたら、iPhoneのデータ容量が足りなくなってしまった!16GBのiPhoneを使用している私には、よくある話なのです。

そんな時に私が行っている緊急対応手段が、「iPhoneに入っている全音楽データの削除」です。

荒業に思えるかもしれませんが、大量のデータ容量をすぐに確保できるので、意外と便利なんです。

今日はそんな、パソコンを使わずiPhoneだけで音楽データを削除する方法をご紹介します。

IPhoneから音楽データを消す方法 応急的に容量を確保する荒業

iPhoneの音楽データを削除する

iPhoneに入れている音楽データは、基本的にパソコンのiTunesで管理していると思います。

ですが、iPhone内にある音楽データを削除するのに、パソコンは必要ありません。すべての音楽データを削除するのは、意外とカンタンなんです。

また、iPhoneから削除したからといって、母艦であるパソコンのデータが無くなるわけではありません。ですので、安心してデータを削除できます。

まず、iPhoneの設定アプリを開き、「一般 > 使用状況」と進みます。

IPhoneから音楽データを消す方法 応急的に容量を確保する荒業 1

すると現在インストールされているアプリが、データ専有量の大きい順に並びます。その中から「ミュージック」を選択。

IPhoneから音楽データを消す方法 応急的に容量を確保する荒業 2

「すべてのミュージック」という項目があるので、それを左にスワイプ。「削除」という項目が出てくるので、これをタップ。

IPhoneから音楽データを消す方法 応急的に容量を確保する荒業 3

これで、iPhoneから全音楽データが削除されました。かなり大きな容量確保です。

上述した通り、母艦となるパソコンの音楽データは消えませんので、iPhoneの容量に余裕ができたら改めて音楽を転送しておきましょう。

あとがき

データ容量を確保する方法として、もう一つ有効なのが「動画データの全削除」です。カメラロールからカンタンにできますし、Dropboxのカメラアップロードで同期されていればデータの完全消失は免れます。

そもそも、16GBのiPhoneなんて使ってなければ、こんな苦労はしなくても済むんですけどね。次のiPhoneは32GB以上にしようかなぁ……。

それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 04_メモリ管理・メンテナンス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.