01_基本と応用 02_Finder 02_アプリの使い方・活用方法 02_基本の使い方と設定

感動的!MacのFinderでデスクトップを一発指定するショートカットが何かと便利

私は、デスクトップにはファイルを置かない派です。

置かない派なのですが、一時的なファイルの避難場所としてはよく使っています。

Inboxみたいな使い方ですね。すぐに使うファイルや、後でカテゴライズするファイルを、とりあえず置いておく場所みたいな感じです。

なので基本的に、ファイルは一度デスクトップに保存します。

その保存の際、保存先の選択でいちいちデスクトップを指定するのが非常に面倒なんですよね。その度にマウスを動かすなんて非効率です。

そんなとき、あるショートカットを教わりました。これを知っておくだけで、デスクトップへの保存が劇的に楽になりましたよ。

感動 MacのFinderでデスクトップを一発指定するショートカットが何かと便利

⌘+Dで一発デスクトップ保存

これが魔法のショートカット、「command + D」。

何かファイルを保存する際に、保存先の指定画面になりますよね。この時に、「command + D」を押してみてください。すると、保存先が一発でデスクトップになります。
感動 MacのFinderでデスクトップを一発指定するショートカットが何かと便利 1 1

ファイルのアップロードにも対応しています

ファイルを保存する際に便利なショートカットですが、実はこれ、ファイルをアップロードする際にも使えます。

例えば、ファイル送信サービス「宅ふぁいる便」を使った時。

ファイルをアップロードする際にも、ファイルの選択画面が出てきますね。この時に「command + D」を押すと、デスクトップのファイルをすぐに選択できます。
感動 MacのFinderでデスクトップを一発指定するショートカットが何かと便利 2

Finderでデスクトップを見る場合は……

さてさて、デスクトップ指定ショートカットは、ファイルのダウンロード・アップロードの時だけではありません。

普通にFinderを使っていて、デスクトップのファイルを選択したい場合もあるでしょう。そんな時にも便利なショートカットがあります。

それが「command + shift + D」。先ほどのショートカットと違い、この場合は「shift」キーを使います。
感動 MacのFinderでデスクトップを一発指定するショートカットが何かと便利 3

あとがき

デスクトップを指定するショートカットは、ぜひとも覚えておきましょう。役立つ場面は、思っている以上に多いですよ。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_Finder, 02_アプリの使い方・活用方法, 02_基本の使い方と設定
-,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.