01_基本と応用 01_基本と応用 02_アプリの使い方・活用方法 02_基本の使い方と設定 02_基本の使い方と設定 09_画像管理・編集系

iPhoneをMacに挿してiPhotoが自動で起動するのを停止する方法

IPhoneをMacに挿してiPhotoが自動で起動するのを停止する方法

タイトルの通りなのですけどね。iPhoneをMacに挿すと、iPhotoが自動的に起動するんです。これがありがた迷惑というか、なんというか。私はただ充電したいだけなんです。

そこでオフにしようと思い立つも、iPhotoの方ではそんな設定項目もなく。

「じゃあどこから設定するのよ」と調べて、ようやく「イメージキャプチャ」アプリの設定を変更する必要があるという情報に辿り着きました。

次にMacを買い直す頃には私も設定方法を忘れていそうなので、備忘録的に記事として残しておきます。

iPhotoが自動で起動しないようにする方法

先ほど言いました通り、iPhotoを自動起動しないようにするためには、「イメージキャプチャ」という他のアプリを使う必要があります。

「イメージキャプチャ」は、Macにデフォルトで入っているアプリの一つ。iPhoneに入っている写真をMacに入れられたりします。

Icon imagecapture

さて、iPhoneをMacに接続した状態で「イメージキャプチャ」を起動します。すると、iPhoneに入っている写真が一覧で表示されます。設定項目は左下の小さなアイコン。これを押します。

IPhoneをMacに挿してiPhotoが自動で起動するのを停止する方法 01

すると「この iPhone を接続時に開くアプリケーション」という項目が出てきて、「iPhoto」が設定されていると思います。これを「割り当てなし」にしてあげればOK。

IPhoneをMacに挿してiPhotoが自動で起動するのを停止する方法 02

これで設定完了です。以後はiPhoneを接続しても、Macが自動的に何かアプリを起動させることはありません。

あとがき

「iPhotoの設定を変更したいのに、なんでiPhotoからじゃ設定変更できなんだろう」と考えたのですが、変更すべきはiPhotoではなくiPhoneだったんですね。

ただ、それでも、なんでiPhoneの接続設定の項目がイメージキャプチャなんでしょうね。不思議です。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 01_基本と応用, 02_アプリの使い方・活用方法, 02_基本の使い方と設定, 02_基本の使い方と設定, 09_画像管理・編集系
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.