Mac モノ・ガジェット

HHKBでMacのように親指で英数/かなを切り替えられるようにする方法

hhkb-kana-kirikae

私が頑なにMacのJISキーボードを使っている理由のひとつは、親指で英数 / かなを瞬時に切り替えられるからです。

hhkb-kana-kirikae_6

左の親指で半角英数に、右の親指で日本語入力に、一瞬で切り替えられる。この便利さを知ってしまったら、もう抜け出すことはできません。

これと同様のことを、HHKBで実装することが可能。めちゃくちゃ便利なので、ぜひ採用してみてください。

「Karabiner」を使って「親指英数/かな」を実現する

今回活躍するのが「Karabiner」というMacアプリ。キーボードのキー配列を自由自在に変更・カスタマイズできる優れたアプリです。

「お気に入りのキーボードがあるのに、キー配列が気に入らない。どんなに使っても慣れなくて、そこだけが使いづらい」なんてことも珍しくありません。

しかし「Karabiner」を使えば、どんなキー配列のキーボードを買ったとしても、すべて自分の使いやすいように配列を変更することができます。

それでは今回の趣旨である「スペースキーの横にあるキーを、英数 / かなに割り当てる方法」をご紹介します。

「Karabiner」をインストールしたら、設定画面を開きます。基本が英語なのでわかりにくいですが、設定画面のキャプチャに沿って設定すればOKです。

hhkb-kana-kirikae_1

タブの一番左の「Simple modifications」を選択。「Target device」は、配列を変更したいキーボードにします。今回であれば「HHKB Professional JP」です。

hhkb-kana-kirikae_2

「From key」がキーボードに設定されているキー。「To Key」が変更したい役割を設定します。

hhkb-kana-kirikae_3

たとえば私が使っている「HHKB Professional JP」の場合。

スペースキーの左が「PCキーボードの無変換キー」で、さらにもう一つ左が「left_alt」。

スペースキーの右が「PCキーボードのかなキー」で、さらにもう一つ右が「PCキーボードの変換キー」となっています。

hhkb-kana-kirikae_5

ですのでKarabinerを使って、これらをそれぞれ「英数キー」と「かなキー」変更しました。

どのキーを「英数 / かな」にするかは、あなたの使いやすい場所で選択してください。

「From key」に該当するキーがなんなのかは、キーボードによって違います。

もし上記の設定でうまくいかないときは、面倒ですが、項目をひとつひとつ切り替えて確認してみてください。必ず該当するキーがあるはずです。

これで、左手の親指で「半角英数」、右手の親指で「日本語かな」に、すぐに切り替えられるようになりました。

この設定は、変更したキーボードでしか反映されません。キーボード毎に細かく設定を切り替えられるのも、「Karabiner」の優れたポイントですね。

使わないキーは物理的に外してしまうとGood!

設定自体は上述した内容で完結です。ここでは私の設定方法のご紹介を少し。

親指での「英数/かな」切り替えですが、設定した当初は、隣のキーとの押し間違いが非常に多くて、ストレスの原因になってしました。

そこで編み出したのが「使わないキーは、キー自体を取り外してしまう」というテクニックでした。

hhkb-kana-kirikae_4

こうすることで、目で視認せずとも、指先の感覚だけでキーを判別できるようになります。押し間違いが劇的に減少し、めちゃくちゃに使いやすくなるので、おすすめの設定ですよ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-Mac, モノ・ガジェット
-, , ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ