ITツール

やっぱり良い道具!私がEvernoteを使い続けている理由とは

Evernoteを愛用して5年ぐらいになるかと思います。

同じウェブサービスを5年以上使い続けられると言うだけでも非常に珍しい。それに加えて、未だに色褪せず、他のウェブサービスに目移り一つ起こさず使い続けていられるというのは、極々稀なことでしょう。

自分の身の回りを見渡しても、5年以上前から使い続けているものなんてほとんどありません。万年筆だって、3年そこそこなもんです。

では何故、Evernoteは長く使えるのでしょう。

それは、Evernoteが "良い道具" だからに他なりません。

私がEvernoteを使い続けている理由 それは 良い道具だから

良い道具ってなんだ?

そもそも "良い道具" ってなんでしょうね。

誰もが使いやすい。デザインが革新的。持つことでステータスになる。生活に劇的な変化を与える――。

どれも良さそうですが、どれも核心を付いているようには思えませんね。

人それぞれ想いはあるでしょうが、一つ私が納得した答えがあります。それが、『楽』かどうかです。

良い道具がどうかの条件は『楽』であるかどうか

この言葉は、書籍「iPadバカ」等で有名な、商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家である美崎栄一郎さんが仰った言葉。私自身が直接お伺いしたわけではなく、以下の記事を読んで知りました。

新しくリリースされた家庭用小型裁断機に関するイベントの一幕らしく、その中の講演で「良い道具とはなんぞや?」という話題になったそう。

『楽』かどうか……。確かに、私が好んで使っている道具の多くは、「楽に使える」か「使うことで楽になる」物であることに気付かされる。色んな付加価値を提供してくれる物達ではあるけれど、いずれにしても『楽』というキーワードへ着地するような気がします。

では、今回の主役であるEvernoteはどうでしょう。

うん。やはり『楽』というキーワードに着地しそうです。

Evernoteが楽な理由

Evernoteは他のウェブサービスに比べて圧倒的に楽です。色んな角度から見てみても、事『記録保管庫』という役割に対して抜け目がない。

『記録保管庫』として使われるには、大きく2つのフェーズがあります。「メモするフェーズ」と「探すフェーズ」です。

そしてEvernoteは、どちらのフェーズにおいても他のどんなサービスに比べて『楽』なんです。

メモするのが『楽』

「メモするフェーズ」が『楽』なのは、どんな場面においても言えると思います。

まず、メモアプリの充実さ。あらゆる電子デバイス(iPhone・iPad・Macなど)において、Evernoteにメモするためのアプリが揃っています。

アプリの特徴も様々です。テンプレートでメモするタイプ、自動的にログを取るタイプ、速さに特化したタイプなど、多種多様です。

次に、メモの方法の充実さ。簡単なテキストデータだけではない。音声や写真、ウェブページやテキストの暗号化などなど。あと残っているのは臭いと感触だけでしょうか。

最後に、アナログデバイスとの連携です。「ScanSnap」に代表するスキャナーがあり、付箋紙との連携は「PostIt」で実現。「CamiApp」は紙のノートとEvernoteを繋げました。

自分が残したい形で記録ができる。これほど多種多様な手段が提供されているこの状況は、メモを取ることを『楽』にしてくれました。

探すのが『楽』

「探すフェーズ」に関しても『楽』を極めています。

私もブログの中で「整理術」や「検索術」について多く言及しています。タグやノートブックの管理はこうしたら良いとか、簡単に検索するためにこういう工夫をしましょうとか。

でもですね。これだけ色々言っていますけど、大体の場合はキーワードの検索でOKなんですよ。

画像内のテキストも読み込んでくれますので、名刺の管理なんかもお手の物。リストの表示も綺麗なので、キーワード検索で一覧から探すのもそんなに苦ではありません。

それに加えて絞り込みのテクニックなどを使えば、目的のノートなんてすぐに見つかります。

自分の事をこれだけ簡単に調べられるツールって、他を探してもなかなかありません。


Evernoteって、やっぱり良い道具なんだなぁと思います。毎日使っているツールだからあんまり気にしていませんが、これ以上に『楽』ができる道具って他にはありませんよ。

あとがき

『楽』なツールが "良い道具" という理論だと、じゃあ万年筆ってどうなんだろうなぁってふと考えてしまいました。

万年筆の場合、いろいろ面倒事がついて回ります。取り扱いにも注意が必要だし、手入れやインクの交換なんて正直面倒臭いです。

でも、"書く" という行為に対しては『楽』なんですよね。書いた時の『楽』さは、他の筆記具にないものがあります。『楽』というより、『楽しい』の方が近いかなぁ。

そういう『楽しさ』が勝ると不思議なもので、面倒だと思っていたものが愛着に変わったりするんです。だから私は万年筆が好きだし、"良い道具" だと思っているんですよ。たぶんね。

それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-ITツール
-,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ