99_no-category

Macで使いやすいトラックパッドの構え方・ポジションの取り方

私が最初に買ったパソコンはMacでした。当時兄が使っていたのがMacだったため、私としては自然な流れだったんです。

兄がMacを使っている姿を見ていたため、私の使い方は兄の影響を多分に受けています。トラックパッドの使い方もその内の一つ。

会社に入ってMacを使っている人を多く見るようになって、トラックパッドを使う手のポジション取りにも色々あるんだなぁと初めて知りました。

そこで今回は、私が普段どのようなポジション(手の置き方・構え方)でトラックパッドを使っているか、それをご紹介します。

人差し指でのクリックに違和感

他人がトラックパッドを使っている姿を見て、一番違和感を覚えたのがクリックの仕方です。

割りと多くの人が、人差し指でマウスポインタを移動させ、そのまま人差し指でクリックをするんです。タップする人も入れば、トラックパッドを押し込んでクリックする人もいます。

トラックパッドでクリックをする方法は2つ。トラックパッドを軽くタッチするか、パッド自体を押し込むか、そのどちらかになります。

どちらにしても、私としては非常に違和感。というのも、私は親指でクリックをするのが基本だと思っていたからです。

トラックパッドの手前を親指でクリック

私が普段やっているトラックパッドの使い方は、親指でのクリックが基本です。

基本的には、こんな感じでポジション取りをしています。
Macで使いやすいトラックパッドの構え方 ポジションの取り方 1

親指をトラックパッドの手前側に置いておいてキープ。人差し指でマウスポインタを動かしながら、クリックしたい時は親指で行います。

動画にも収めてみたので、こちらも参照してみてください。

こうすることの利点は、一々手を動かさなくてもクリックができる所。必要最低限の動きで、クリックとマウスポインタの移動を繰り返せるので、細かい作業でも楽に行えます。

私は普段から一切マウスを使いません。それはトラックパッドでの作業の方が、手の動きが少なくて済むため、結果的に作業スピードが速いのです。

慣れの問題もあるかもしれませんが、この使い方を一度試してみてください。きっと今まで以上にトラックパッドが使いやすく感じると思います。

あとがき

この使い方は、きっと「白いMacBook」の時の名残だと思います。

昔のMacBook

あの時はまだ「クリックボタン」が存在していて、それがトラックパッドの手前にありました。それを効率良く使うために、こういう手の置き方が一番良かったんですよね。

今でもこのポジションが、個人的には一番使いやすい手の置き方だと思っていますよ。ぜひお試しあれ。

それでは、今日はこの辺りで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-99_no-category
-, ,

© 2021 あなたのスイッチを押すブログ