01_Mac 01_基本と応用 02_Finder 02_アプリの使い方・活用方法 03_ファイル管理

Finderでの誤操作は⌘Zで元に戻せるって知ってた?捨てたファイルも元通り!

MacのFinderでファイルをいじっている時、誤ってファイルを捨ててしまったり、変なフォルダに投げ入れてしまったりしたことありませんか?

意図していない誤操作で、大切なファイルがどこかに行ってしまった!誰もが一度は、そんな背筋の凍る経験をしたことがあるでしょう。

そんなときでも、慌てず騒がず、落ち着くことが大切!

落ち着いて、「command + Z 」を押してみましょう。

すると、あら不思議。直前に行った操作が無かったことになりますよ。捨ててしまったファイルも元通り!移動させたファイルも元あった場所に戻ってきます!

この魔法のショートカットは覚えておくと良いですよ。

Finderで行った直前の操作はやり直せる!

冒頭でお話しした通り、MacのFinderでは直前に行った操作をやり直すことができるんです。

操作方法は、きっと他のアプリでもお世話になっているであろう「command + Z」。ほとんどのアプリにとって共通している「直前の操作をやり直せる魔法のショートカット:⌘ + Z」は、Finderでも使えるのです。

以下のGIFアニメは、私が試してみた結果。「ファイルをまとめて削除(ゴミ箱に捨てる)→元に戻す→ファイルをまとめてフォルダにいれる→元に戻す」という操作を繰り返しています。

finder-undo

注意していただきたいのは、この操作はMacのローカルで行っている作業に限られる点。例えばサーバーにアクセスしていて、サーバーのデータを削除してしまった場合。それはさすがに元に戻せないので要注意です。


私はずっとトラックパッドを使っているのですが、ファイルを移動させているときに誤って指が離れてしまって、変な場所にファイルを落としてしまうことがあるのですよ。

そういったときに、ファイルを元に戻せるのはこの機能には何度も助けられましたよ。

あなたも是非、周りの人に教えてあげて!

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_Mac, 01_基本と応用, 02_Finder, 02_アプリの使い方・活用方法, 03_ファイル管理
-,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.