01_Mac 02_アプリの使い方・活用方法

【XD】リピートグリッドの基本の使い方と応用テクニック集

xd-repeatgrid

作ったオブジェクトと同じものを繰り返すことができる「リピートグリッド」。同じ構成のパーツを何個も作りたいときに便利だ。

今回はリピートグリッド機能について、基本的な使い方のほかに、覚えておくと便利な応用テクニックもご紹介しよう。

基本:リピートグリッドの使い方

まずはリピートグリッドの基本的な使い方について解説する。

「リピートグリッド」は、選択したレイヤーを一定間隔で繰り返すときに使う。複数のオブジェクトをグループでまとめれば、グループごとリピートできる。

使いたい時は、リピートしたいレイヤーを選択した状態で、右上にあるリピートグリッドボタンを押す。

するとオブジェクトが緑色の枠で囲まれるので、ドラッグポイントを上下左右にドラッグすればOKだ。

xd-repeatgrid_1

オブジェクト同士の間隔を調整したい時は、オブジェクトとオブジェクトの間のスペースにマウスを置く。すると薄いピンクになるので、その状態でドラッグすればOKだ。

xd-repeatgrid_2

リピートグリッドは、すべてのオブジェクトがリンクしている。そのためオブジェクトになにか編集をすると、その内容は他のリピートしたオブジェクトにも反映される。

xd-repeatgrid_3

応用:リピートグリッド機能を活用した便利技

それでは次に、リピートグリッド機能を使ってできる、ちょっとした応用テクニックをご紹介する。

リピートしたオブジェクトにそれぞれ違う画像を割り当てる方法

画像を複数選択して、それを「リピートグリッド」の対象レイヤーにドロップしてみよう。すると選択した画像がリピートしたオブジェクトに別々に挿入される。

xd-repeatgrid_4

作ったオブジェクトの一部を非表示にする方法

リピートグリッドを利用して〈一部が欠けたオブジェクト〉を作ることができる。

たとえば以下のように、横にスライドするような構成を作りたい場合。見た目的には〈途中で切れているような表現〉ができたほうがイメージに近い。

このとき、リピートグリッドを使うことで〈右側が欠けたオブジェクト〉を作ることができる。

xd-repeatgrid_5

たとえば四角のオブジェクトを作って、リピートグリッドで一部を削ってあげれば、大きなカギカッコのようなデザインを作ることも簡単だ。

xd-repeatgrid_6

同じパーツを一瞬で複製する方法

リピートグリッドを使うと、同じオブジェクトが繰り返される。しかしこのままでは、すべてのオブジェクトがリンクしていて、それぞれ個別に編集することができない。

もしオブジェクト同士のリンクを解除して、それぞれ個別に編集したい場合は、リピートグリッドを解除しよう。

xd-repeatgrid_7

ショートカットキーはshiftcommandG。覚えておくと便利なのでオススメだ。

これを使えば、コピー&ペーストをするよりも、ずっと簡単にオブジェクトの複製が可能になる。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_Mac, 02_アプリの使い方・活用方法
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.