01_Mac 01_基本と応用 02_Finder 02_アプリの使い方・活用方法 03_ファイル管理

MacのFinderの超活用術!9つの技で作業効率が劇的アップ

Macのファイル管理アプリ「Finder」。このFinderアプリの使い方を知っているのと知らないので、仕事の作業効率が大幅に変わります。

そこで今回は、僕がオススメするFinderのテクニックを9つご紹介します。使いこなせるようになれば、あなたの仕事が捗りますよ!

ファイル名を即編集する方法

ファイル名を変更・編集したいとき、いちいち右クリックをしてメニューの「名前を変更」を選択してはいないでしょうか。これは非常に非効率です。

Enterキーを押す

これを覚えておきましょう。編集したいファイルを選択している状態で「Enterキー」を押すだけで、ファイル名の編集が可能になります。

finder-9-technic_1

キーボードだけでファイルのコピーと移動(カット)

手元のキーボード操作だけで、ファイルを複製したり、あるいは移動(カット)させることができます。

まず、

【Command】+【C】

これでファイルをクリップボードにコピーします。そしてこの後が重要。そのファイルを「複製」するか「移動」するかで、ショートカットが変わります。

複製したいなら:【Command】+【V】

移動したいなら:【Command】+【Option】+【V】

特にファイルの移動(カット)は非常に重宝しますので、覚えておきましょう。

finder-9-technic_2

ファイルの中身を即プレビューする方法

ファイルの中身をちょろっと見たい。そんなときに便利なのが「クイックルック」です。これを使えば、いちいちアプリケーションを開かなくても、ファイルの中身を見ることができます。

Macの超便利機能 クイックルック って実はスペースキー押すだけでOK

確認したいファイルを選択している状態で、

【スペースキー】

を押します。これだけで、即座にファイルの中身が見られます。「ファイルを編集したいわけじゃなくて、ただ見たいだけ」ってときに重宝します。

Finder内にアプリへのショートカットを設置

finder-9-technic_3

上記の画像のように、Finderの上のほうの余白には、アプリのショートカットを設置することができます。

しかもファイルのドロップ機能が使えます。たとえば画像ファイルをドラッグして、「Skitch」という画像編集アプリの上にドロップすれば、画像の編集画面から始めることができます。

Finderの余白にアプリのショートカットを置きたいときは、

アプリをドラッグし、【Command】を押しながらドロップ

という操作をします。よく使うアプリは、このスペースを上手く活用しましょう。

Finderのツールバーにアプリを設置する方法 1

Finderのツールバーにアプリを設置する方法 3

デスクトップを即表示する方法

デスクトップの使い方は人それぞれかと思いますが、使用頻度は誰もが高いのではないでしょうか。僕の場合は「一時的に置いておく場所」として活用しています。

使用頻度が高いので、すぐにデスクトップを開きたい場面も非常に多い。そこで便利なショートカットがこれ。

【Command】+【Shift】+【D】

Finderを開いているどんな場面でも、このショートカットキーを押すことで、デスクトップをすぐに開くことができます。

finder-9-technic_4

デスクトップの活用方法については、合わせて以下の記事も参考にしてみてください。綺麗なデスクトップ管理のヒントになると思います。

複数のファイルの名前を一括編集

複数のファイルの名前を一気に変更したいとき、Finderの機能を利用すると捗ります。

名前を変更したいファイルを複数選択した状態で右クリック。メニューの中の「*項目の名前の変更」を選択すると、3つのルールに沿った変更が可能です。

finder-9-technic_5

ルール1:テキストを置き換える

あるテキストを他のテキストに置換できます。たとえば大文字で「JPG」となっているものを、一括で小文字の「jpg」に換えること可能です。

ルール2:テキストを追加

名前の前か後ろに、同じテキストを追加できます。

ルール3:フォーマット

名前の前か後ろに、連番(インデックス)を追加したり、日付を追加することができます。同じ名前で連番を振るなんてことが、一瞬でできてしまいます。

新規タブと新規ウインドウの違い

Finderの中のファイルを行き来するには、複数のFinderを開くと効率的です。

Finderのウインドウには、2つの種類があります。ひとつは「タブ」、もうひとつは「別ウインドウ」です。それぞれショートカットキーが割り振られていますので、覚えておきましょう。

【Command】+【T】:タブを開く

【Command】+【N】:別ウインドウを開く

finder-9-technic_6

ファイルの検索テクニック

目的のファイルをすぐに見つけられるように、整理整頓するのは基本です。ですが「ある特定の条件に合致するファイル」を引っ張りだすには「検索」が便利です。

たとえば僕がよく利用するのは「●●GB以上のファイル」のような「サイズの大きいファイル」を見つけたいとき。Macのストレージを圧迫しているファイルを効率的に見つけられます。

【Command】+【F】

上記のショートカットキーで、様々な条件からファイルを検索できます。

mac-search-biggest-file

ファイルを仮置きする仮想空間を活用

最後に、Finder機能をかなり強力にサポートしてくれるアプリを紹介します。

それが「Yoink」。ファイルを仮置きする「仮想空間」を作ってくれるアプリです。

Yoink - ドラッグ & ドロップを快適なものに

Yoink - ドラッグ & ドロップを快適なものに

Matthias Gansriglerユーティリティ, 仕事効率化¥840(掲載時点)詳細・ダウンロード

「Yoink」を起動した状態で、何かファイルをドラッグすると、仮置きできるフィールドが出現し、ここにファイルを入れておけるのです。

Dragondrop to yoink 1

このフィールドには「常にすべてのウインドウに対して最前列(隠れない)に位置する」という特徴があります。

Dragondrop to yoink 2

Finderのウインドウを2個も3個も開かずとも、ファイルの行き来がスムーズに行えるようになるのです。非常に便利なので、ぜひ使ってみてください。

執筆後期

FinderはMacにおいて最も基本的で、使用頻度の高いアプリです。

ショートカットを覚えておかずとも、「こんなことができるんだ」というのを知っておくだけで、作業スピードが変わりますよ。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_Mac, 01_基本と応用, 02_Finder, 02_アプリの使い方・活用方法, 03_ファイル管理
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.