iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Macでウインドウの移動・画面の分割をさせるのに超便利なショートカット例

この記事のURLとタイトルをコピーする

window-bunkatsu-shortcut

Macで複数のアプリを開いて作業をするとき、ウインドウを複数開いて作業することがあります。

例えば、ウェブブラウザを開きながらテキストエディタで執筆をしたり、メールを作りながらYoutubeで音楽を聴いてみたり。

こうした「ウインドウを1画面の中で分割して使用する」場合、ウインドウの移動を即座にできるように、ショートカットキーを設定しておくと便利です。特に「BetterTouchTool」を使用したウインドウの分割は、作業を効率化するのに非常に役立ちます。

ショートカットキーでウインドウを移動

手元のキーボードだけでウインドウを移動させられるように設定しておくと、以下のような動きができるようになります。

私はショートカットキーに、以下の動きを設定してあります。

【shift】+【option】+【command】+【←】 画面の左65%
【shift】+【option】+【command】+【→】 画面の右35%
【shift】+【option】+【command】+【↑】 画面の上50%
【shift】+【option】+【command】+【↓】 画面の下50%
【shift】+【option】+【command】+【1】 画面の左上
【shift】+【option】+【command】+【2】 画面の右上
【shift】+【option】+【command】+【3】 画面の左下
【shift】+【option】+【command】+【4】 画面の右下
【shift】+【option】+【command】+【F】 画面いっぱい

左右の分割する割合は自分でカスタマイズが可能。細かな設定が可能なのが「BetterTouchTool」の良い所です。

もし左右の分割割合を50%/50%で良いのであれば、「shiftlt」という他のアプリでも代替OKです。細かな設定はできませんが、ショートカットキーの設定などは可能です。

「BetterTouchTool」での設定方法

では私の「BetterTouchTool」の設定状況をご紹介します。自身の使い勝手に合わせて調整してくださいね。

まずはショートカットの設定画面。基本的なショートカットのトリガーは【shift】+【option】+【command】の3つのキーとして、矢印や数字との組み合わせで使い分けをしています。

window-bunkatsu-shortcut_3

ウインドウの左右の割合の変更も可能です。「Advanced Settings」>「Window Snapping」と進んで、一番下の目盛りを調整します。

window-bunkatsu-shortcut_4

私は「左:メインの作業スペース」「右:サブスペース」みたいな役割にしていますので「50%/50%」だと使いにくくてですね。なので微妙な「65%/35%」としています。

作業スペースをもっと広く持ちたいなら…

「画面が小さいので、ウインドウを分割できるほどの作業スペースがないよ」って思われる方もいるでしょう。でも実は、画面の解像度を変更すれば、今よりも広く画面を使えるようになります。

具体的な設定方法は以下の記事を参照してください。便利なアプリも紹介していますので、役立つと思います。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする