iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

THETA Sの最低限のマナー!人の顔にぼかしを入れる方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

空間を切り取るからこそ、意図しない映り込みには十分に注意が必要です。

人の顔写真を許可無くSNS投稿するのはマナー違反です。それが故意であろうがなかろうが関係ありません。人生ひとつ狂わせる可能性があるのですから、十分気をつけなければいけません。

特にTHETA Sは全天球カメラ。自分の背後の風景まで映し込んでしまうカメラですからね。特に気を張る必要があります。

そして映り込んでしまった人の顔には、ちゃんとぼかしを入れるのが最低限のマナーです。

THETA Sで撮影した写真にぼかしを入れる方法

1撮影した画像をiPhoneアプリ「THETA S」に取込み、画像を開きます。

Theta shading 01

2右下の編集アイコンをタップし、「ぼかす」を選択します。

Theta shading 02

3ぼかしたい箇所を指でなぞります。画像を回転させたいときは、下の円形部分で調整します。

Theta shading 03

SNSへの投稿は本当に注意して!

THETA Sはとても楽しいカメラです。でも大きな危険が潜んでいることも事実。他人のプライバシーを侵害することなんて造作もないのです。

静止画であれば今回のようにぼかせばOK。もっと気をつけなければいけないのは動画ですね。一人で楽しむ分にはいいですが、全世界に向けて配信するときは一呼吸入れましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です