iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話

この記事のURLとタイトルをコピーする

もし気がついていない方がいらっしゃったら、それは大変な損でございます。

iOS7に対応しているアプリなら、大概は使える小技。それが「左端から右へのスワイプで前のページに戻れる」ってテクニック。知ってました?

昔は、右手での操作で一番遠い、左上の「戻るボタン」に指を伸ばしていました。ですが今では、もっと簡単になったんです。

今日はそんな、iPhoneの操作に関するちょっとした小ネタをご紹介します。

IOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話

左から右へのスワイプで前の画面に戻れる

2013年9月、iPhoneのiOSが7にメジャーアップデートされ、今までの操作感とはまた違った使いやすさが体験できるようになりました。

その中で最も大きく、そしてユーザーの使いやすさを劇的に向上させたのが「左から右へのスワイプで前のページに戻れるアクション」ではないでしょうか。

Appleが提供する純正アプリはほとんど対応しています。例えば、設定アプリ。

前のページに戻る時、今までなら左上の戻るボタンに指を伸ばしていました。右手で操作していた人にとっては非常に使いづらいアクションです。

IOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話 1

しかしiOS7からは、その必要が無くなりました。画面の左端っこから右にスワイプすれば、前のページに戻れるんですから。

IOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話 2

メールアプリだって、Safariだって、AppStoreアプリだって。大概のアプリでは、左から右へのスワイプで前のページに戻れます。

大概のiOS7対応アプリで使える

このアクションは、今やアプリのNEWスタンダードになりつつあります。つまり、どのアプリでも共通して使えるアクションだってこと。

例えばFacebookアプリ。こちらでも、左から右へのスワイプで前のページに戻れます。

IOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話 3

Evernoteアプリだってそうです。

IOS7になってから大概のアプリで右スワイプ戻りができて嬉しい話 4

1Passwordだって、Dropboxだって、Yahoo!乗換案内だって。最近アップデートして「iOS7対応」と謳っているアプリの大概は、このスワイプアクションが可能です。

もちろんすべてのアプリに対応している訳ではありません。なので、まずは「できないかな〜」と試してみることが大切です。

あとがき

逆に、アップデートが全然されて来ていない古いアプリなんかは、この動作に未対応なことが多いです。

非常に使い勝手の良いアクションなので、どのアプリでも是非採用してもらいたいですね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です