01_基本と応用 02_基本の使い方と設定

Macで一度は失敗する「改行したくてEnter押したら送信しちゃった」問題の解決策

Macで一度は失敗する 改行したくてEnter押したら投稿しちゃった問題 の解決策

SkypeやLineなどのメッセージ系アプリで、改行しようと Enter キーを押したのに、そのままメッセージを送信してしまった。そんな失敗、あなたも経験があると思います。

こればかりは Mac やアプリ側の仕様なので仕方ありません。ですが、改行ができないわけではありません。

ある特定のキーを組合せて Enter を押すことで、メッセージ内にも改行を入れることができます。今日はそんな方法をひとつご紹介。

Enterで決定される系で改行を入れる方法

Skype や Line などで使われるメッセージの作成ボックスでは、Enter キーを押しても改行せず、内容の決定・送信をしてしまいます。

これを回避して、メッセージ内で改行をさせたい。そんなときは、以下の組合せで Enter キーを同時押ししてください。

  • [option] + [enter]
  • [control] + [enter]
  • [shift] + [enter]

アプリによって対応しているキーが変わってしまうので、方法を3つほど挙げました。

大概のアプリでは「option + enter」で改行できますが、中には対応していないアプリもあります。そのときは「control + enter」を試してみて、それでも改行できなければ「shift + enter」をトライしてみてください。

私の経験から言って、対応している範囲が広いのが「option + enter」だったので、優先順位を一番高くしています。とりあえずこれを試しておけば、間違いないと思っています。

Excel系のセル内改行のときも使えます

上述した方法は、Numbers や Google のスプレッドシートでも役立ちます。

Excel 系のアプリで、セル内のテキストに改行を入れたいとき。上述の通り「option + enter」を使えば改行が入れられます。

Mac 版の Excel は使ったことがないので試していませんが、調べてみると、「option + command + enter」で改行できるみたいです。操作キーが増えてわずらわしいですね……。

あとがき

誰もが一度は失敗するであろう問題をピックアップしてみました。ちょっと忘れてしまいがちですが、「迷ったら option キーも押しておけ!」で私は切り抜けています。

では、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.