iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

A5ノートがメモにもアイデア出しにも丁度いい大きさで使い心地最高

この記事のURLとタイトルをコピーする

小さ過ぎもなく、大き過ぎもしない。アイデアラッシュをするにも小さ過ぎることはなく、持ち運びをするにも大き過ぎることがない。

そんな “丁度いい” 大きさのノートは、A5版なんじゃないかと思います。

メモパッドサイズだと、ちょっとしたメモには良い。けどアイデアを出しまくりたい時には物足りない。考えをまとめる時に図式化するには小さ過ぎる。

かと言ってA3サイズのノートでは、持ち運びが億劫になる。アイデアを出したり考えをまとめるには余裕がある大きさですが、鞄に入れるには嵩張ります。

その間を取った “中途半端でGood” な大きさのA5版サイズが、最近のお気に入りノートなのです。

中途半端でGood な大きさのA5版サイズが 最近のお気に入りノート

使っているのはニーモシネ

最近愛用しているのが、MnemosyneのA5版ノートブック。ちなみに、Mnemosyneでニーモシネと読みます。

ニーモシネは、マルマン社の製品の中の1シリーズ。マルマン社って聞いたこと無いかもしれませんが、スケッチブックのデザインを見たら「あー!」と思い出されるでしょう。

ニーモシネシリーズでは色んな大きさのメモパッドを発売していて、用途によって選べます。私は今までA3サイズをよく使っていました。カバーがシックな黒色で、ビジネスで使うにもカッコいいんですよ。

さて、今回はそんなニーモシネシリーズの中でも、A5版サイズのお話。冒頭でもお話しした通り、この大きさが丁度よくて気持ちいいんです。

持ち運ぶにもそんなに大きくなく、サラッと鞄の中に突っ込める。それでいて、描くにも充分な大きさがあるので、考えをまとめたりアイデアを出したりするにも充分な広さがある。

また、キリトリ線が入っているので、書き終わったらピリピリと切り離せます。それをスキャンしたり写真に取れば、Evernoteなどの外部メモにも簡単に転送できます。

A5版ニーモシネのパッドケースがGood

紙を一枚一枚切り離せるA5版メモパッド。裸のままで使うには些か使いにくいので、合わせてパッドケースを購入しました。

こんな感じの黒色のメモパッドです。真ん中にペン差しがあり、右側にノートを挟み、左側では切り取った紙を挟んでおけます。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 1

表面の質感は、マットでサラサラ。嫌味のない感じで、触り心地も柔らかく滑らかです。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 2

ノートを外すとこんな感じ。メモパッドが挿せるようになっているので、ニーモシネのノートでなくても使えそうです。試していませんが、たぶんロディアもいける。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 3

人目につかずに控えめに、さり気なくMnemosyneの刻印が入っています。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 4

パッドは柔らかい素材なので、折り返すことができます。これが意外と重要で、二つ折りにできることで小さなスペースでも使うことができるんです。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 5

A5版ノートって、ほぼ日手帳カズンの1ページと大体同じぐらい。ちょっとニーモシネの方が大きいです。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 6

いわゆる一般的なA4のノートと比較すると、これだけ違いがあります。二回りぐらい小さい印象ですね。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 7

簡単に切り離せるミシン目が付いています。切り離したノートはスキャンしてEvernoteに送ったり、このようにほぼ日手帳のデイリー欄に貼り付けたりしています。

Mnemosyne ニーモシネ のA5版ノートパッドの紹介 8

見た目的にもビジネスで使いやすい、非常にクールなデザインだと思います。手触りも気持ちよくて、使いたくなるノートパッドですね。

ロディアよりもニーモシネ派

同じようなメモパッドに「ロディア」があります。ですが、私はニーモシネの方がお気に入り。

その大きな違いは、紙に書かれている方眼の色と濃さです。

ロディアの方の方眼は、結構色が濃くて、しかも紫色をしています。文字を書いていると、この濃い色合いが気になってしまうのが、私にとっては玉に瑕。

その点ニーモシネは、薄いグレーの方眼であるため見た目に優しいのです。鉛筆で書いたとしても、ちゃんと文字として読みやすいのですよ。

あとは、ニーモシネの方がなんとなく滑りが良い感じ。これは感覚なのですが、ニーモシネの紙質の方が滑らかな感じがして、書いていて気持ちいいです。

ちょっとした違いであって、人によっては全くデメリットになり得ない部分ですが、私はそんなちょっとした差でニーモシネを気に入って使っています。

あとがき

またノートを買ってしまった。どんだけ買えば気が済むんだって思うのですが、なんだか惹かれてしまって。。ついつい手にとって、ついついレジに持って行ってしまいました。

でも、後悔はしていませんよ!心機一転って感じで、また紙と向き合える時間が作れたのですから、貴重な出費です。

新しいものって、やっぱり楽しい!特に新しい文房具は使っている時のワクワクがたまりませんもの。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です