iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約・対処する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

iPhone 6 Plusになって、何が使い心地いいって、バッテリーの持ちの良さです。

なんか、本来は当たり前の話なんですけどね。バッテリーの残量を気にせず一日を過ごせるって、やっぱり心地いいんですよね。

ただ、iPhone 5を使い続けてきた身としては、iPhoneを触りっぱなしで半日以上バッリーが持つとか、それだけで感動的に嬉しい事なんです。

さてさて。そんなバッテリー事情にセンシティブはiPhoneですが、iOS 8になってから便利な新機能が追加されました。

それが「バッテリー消耗の激しいアプリを発見できる機能」です。

これを使えば、今後のiPhoneのバッテリー節約に役立つかもしれません。覚えておくようにしましょう。

IPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約 対処する方法

バッテリー消耗の激しいアプリを特定する

iPhoneの中で、バッテリーの消耗の激しいアプリを特定する方法があります。これはiOS 8からの新機能。

設定アプリを開いて「一般 > 使用状況 > バッテリーの使用状況」と進んでみましょう。

IPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約 対処する方法 1

すると、ここ最近でバッテリーの消耗が激しいアプリが、ランキング形式で表示されます。

IPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約 対処する方法 2

確認して、対策はどうする?

さて、これを見て「あっ。そうなんだ」では、今までとおんなじです。何か対策を打たねば。

まずランキングを見渡して、自分がよく使っていると心当たりあるアプリは、とりあえず無視しましょう。だって、起動している時間が長いんですから、バッテリーの消耗だって激しいはずです。

IPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約 対処する方法 2

こうしてみると、スマートニュースやジョジョSSが多いですね。ゲームのやりすぎが一発でバレました。

じゃあ注意・注目するべきアプリは何かと言うと、

・バッググラウンドで起動、自動更新しているアプリ
・位置情報を取り続けているアプリ

この2つなのです。例えば私の場合、

IPhoneでバッテリー消耗の激しいアプリを探して節約 対処する方法 3

・Skype
・Gmail
・Placeme
・Swarm(旧Foursquare)

以上のアプリは、バックグラウンドで起動し続けているわけです。

原因は明白です。

「Skype」と「Gmail」は、メールをリアルタイムに受信して、通知を受け取っているため、「Placeme」と「Swarm」は位置情報を取り続けているためです。

こうした “バックグラウンドで起動し続けているアプリ” の「バックグラウンド更新」をオフにするなど、バッテリーの消耗はいくらか対策を打てます。

バッテリーの消耗具合が気になる方は試してみてください。

ちなみに、iPhone 5の初期ロット端末のバッテリー消耗が激しいのは、完全にApple側の不具合です。以下の記事でまとめているので、「対象かな?」と心当たりある場合は調べてみましょう。

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    まだデータがありません。