iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法。Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ

この記事のURLとタイトルをコピーする

私は初代iPadから、セルラーモデルではなくWi-Fiモデルを使っています。それは「外でiPad使うならiPhoneの電波使えばいいや」と割り切っているからです。

もちろん携帯の電波を使えるセルラーモデルの方が便利です。面倒な手間がなくネットに繋げますのでね。ただ、やっぱり月額のランニングコストが痛い負担なんです。

なので私は、Bluetoothによるテザリングを使ってiPhone5の電波をiPadと共有。これによって、ランニングコストをiPhoneのみに抑えているんです。

では、実際どうやってiPhoneの電波をiPadと共有するか。そして、何故Wi-FiではなくBluetoothで繋ぐのか。その辺りのお話しをしようと思います。

iPhone5の電波をiPadと共有する

iPhone5以降のモデルであれば、「テザリング」という技術を使うことができます。

これにより、iPhoneで使っている携帯の電波をiPadやパソコンと共有できるんです。言い方を変えれば、iPhoneをモバイルルーターとして使うことでiPadでネットを楽しむことができるというわけです。

iPhoneとiPadを繋ぐ方法は3つあります。

・USBによる有線接続
・Wi-Fi接続
・Bluetooth接続

この中でも、私はBluetooth接続を断然オススメします。その理由は後述しますが、まずは接続の方法をご紹介しましょう。

前準備:ペアリングをしておく

まずは接続の前段階として、iPhoneとiPadをペアリングしておく必要があります。

2台のBluetoothデバイスの接続設定を行なうことです。Bluetoothは、無線を使った仮想的なケーブルで、機械と機械を結ぶ技術です。ペアリングを行なうことによって、Bluetooth機器は公開している機能へ、互いにアクセスできるようになります。
参考:ケータイ用語の基礎知識 第223回:ペアリング とは

まず、iPhoneとiPadで、設定画面のBluetoothを選択してください。両方ともオンになっていれば、それぞれのデバイスが表示されると思います。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 1

そしたらiPadの画面から、ペアリングしたいiPhoneを選択します。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 2

するとiPhoneとiPadの両方にポップアップのアナウンスが表示されます。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 3

最後に、iPhone・iPadの両方で「ペアリング」を選択して完了です。無事に接続が完了すると「接続されました」という表示に変わります。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 4

テザリングをしてみる

テザリングをする時は、まずiPhoneの「インターネット共有」がオンになっていることを確認してください。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 5

そうしたら後はiPadでの作業。iPadの設定画面のBluetoothのところで、接続したいiPhoneをタップするだけ。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 6

これだけです。接続に成功すると、iPadだと左上に鎖のマークがつきます。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 7

一方iPhoneでは、画面上部に「インターネット共有:1台接続中」と表示されます。
IPadをiPhoneの電波に繋ぐ方法 Bluetoothでのテザリングが絶対便利なワケ 8

何故Bluetoothで繋ぐのか

テザリングの方法としては大きく3つあります。USBによる有線、Wi-Fi、そしてBluetoothです。

これらの方法はそれぞれ一長一短。

USBは、回線速度が速いです。しかし、ケーブルを繋ぐのが非常に面倒なのが難点です。Wi-FiはUSBに次ぐ回線速度を出しますが、iPhone側からしか繋げなかったり、電池消耗が激しいというデメリットがあります。

では、Bluetoothは。

Bluetoothのメリットは大きく2つ。「電池消耗が少ない」「iPad側から接続できる」の2点です。

電池消耗が少ない

最近iPhoneの電池消耗が激しいのです。普通に使っていても一日持ちません。

そんな中でiPadにWi-Fiで繋ごうものなら、ゴリゴリ電池を消耗します。フル充電からでも二時間も繋いでいられないぐらい。

そんな中、Bluetooth接続なら電池の消耗が比較的少なく済むんです。

iPadから接続できる

Wi-Fiでテザリングする場合、「iPhoneのネットワーク共有画面を開く→iPadでWi-Fi接続」という工程をいちいち踏まなくてはならない。特にiPhoneを取り出すのがメチャクチャ面倒なんです。

でも、Bluetooth接続なら、触るのはiPadだけで良い。これがひじょ〜に便利なんです。一度体験してみればWi-Fiでの接続が面倒だと絶対に感じます。


Bluetoothでの接続は面倒が少なくて省消耗。そんなに激しい回線速度を求めないなら、絶対にBluetooth接続がオススメです。

注意点:通信制限には気をつけて

最後に、テザリングに関するちょっとした注意点を。

テザリングは、iPhoneの通信回線をiPadで利用することになります。つまり、iPadで繋いだ分も、iPhoneで繋いだ容量として換算されます。

これで困るのは、iPhoneの7GB制限。

iPhoneでの通信量が7GBを超えてしまうと、回線速度が著しく低下します。これ、ホントに遅くなります。ネットサーフィンさえままならないほど。

ですので、テザリングを利用しての動画閲覧や大きいファイルのダウンロードは止めておいた方が無難ですよ。

あとがき

以前はWi-Fiによるテザリングをずっと使っていました。でも、これが本当に面倒なんです。いちいちiPhoneをポケットから取り出して、それからiPadを弄らなければならない。これが本当に苦痛でした。

でも、Bluetooth接続ならiPadからの操作だけで接続できると知ってから、Bluetooth接続しか使っていません。それぐらい便利です。

まだBluetoothでの接続を試したことない人は、ぜひ一回やってみてください!

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です