02_Evernote 03_Todoist 04_ウェブサービス

Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ!

最近のToDo管理は、もっぱらTodoistを使っています。UIがシンプルでありつつ綺麗なので、使っているのが楽しいんです。

ただ、機能としても申し分なく高機能なTodoist。その中でも、WebページをそのままURLリンク付きのTodoとして登録できるのが気に入っています。

さて、少し話が変わってEvernoteについて。Evernoteにメモした物の中には「いつかやりたい」「参考資料として使いたい」という物もあると思います。

今回私が思いついたのは、そうしたEvernoteのノートをそのままTodoistのタスクとして登録する方法です。

これなら「Evernoteにメモしたのに、結局手をつけずに時間が経ってしまった」なーんて失敗も起こらなくなりますよ。

Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ

こんな事ができるようになるよ!

今回の主旨は、こういう事です。

冒頭でお話しした通り、TodoistのタスクにはURLリンクを付けることができます。これを使って、リンク先をEvernoteの特定のノートに指定。

すると、いざタスクを行おうと思った時に、Evernoteから関連ノートを探す手間が不要になるんです。

タスクの開始時点から参考資料・補足情報にダイレクトアクセス。これがかなり快適で、Todoが捗ること間違いなしです。
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 1
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 2

それでは具体的な設定方法をご紹介しますね。

Evernoteにアクセスできるタスクを作る方法

1. EvernoteへのリンクURLを取得

まず、登録するタスクに紐付いて引き出したいノートの、URLを取得します。

方法はカンタン。該当するノートで右クリックをし、「共有」から「共有URLをコピー」を選択します。
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 3

そうしたら、そのURLをChromeで開きましょう。
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 4

エクステンションでリンクをタスク化

そうしたら次に、GoogleChromeエクステンションの「Todoist」を選択します。

TodoistのChromeエクステンションはこちらからダウンロードできます。
Todoist: To-Do list and Task Manager

ChromeのTodoistを開き、新規タスク登録のための「+」ボタンを押します。すると「ウェブサイトをタスクとして追加」という項目があるので、これを選択。
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 5

これで作業は完了。タスクにアンダーバーが付いたと思います。これで、タスクのタイトルをクリックすれば、関連するEvernoteのノートを開くことができるんです。
Todoistのタスクに補足資料としてEvernoteを紐付けると効率が激アップ 6

あとがき

「いつかやりたい」「今度読みたい」「忘れずにリマインドしたい」

こうしたノートがEvernoteに散乱していて、見返されることがなく埋れてしまうノートがいっぱいありました。

しかし今回の方法を使えば、それらをちゃんと「タスク」として管理できる。だから、リマインドもできるし、期限付きのTodoとしても使えるようになるんです。

タスクとノートを紐付ける。たったこれだけなんですが、威力は抜群。ぜひとも真似して頂きたい手法です♪

それでは、今日はこの辺りで。

 


関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_Evernote, 03_Todoist, 04_ウェブサービス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.