iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

iPhoneのズーム機能を正しく理解してトラブルに備えよう

この記事のURLとタイトルをコピーする

突然ですが、iPhoneがこんな画面になって困ったことはありませんか?

IPhoneのズーム機能 2

これは、iPhoneのズーム機能によるものです。メールなどの通知画面から、ポケットの中で誤作動を起こしたのでしょう。

ただ、最初はとても焦りますよね。どうしたら直るのか分からず、画面を指でぐちゃぐちゃ弄った経験もあるのではないでしょうか。

なので今日は、このiPhoneのズーム機能を操作方法についてお話しします。正しく理解して、今後のトラブルに備えてください。

IPhoneのズーム機能

iPhoneのズームは3本指が基本

iPhoneのズーム機能は、2本指でいじっていても全く意味を成しません。

正しくは3本指での操作が必要になります。これをしっかり覚えておきましょう。

□ズーム=ダブルタップした後にそのままスライド

ズーム機能の使い方です。先ほど言った通り、三本の指を使います。

まず、三本指でダブルタップし、そのまま指を離さないでください。

そして、そのまま三本指を上にスライドさせると拡大され、三本指を下にスライドさせると縮小されます。

IPhoneのズーム機能 3 1 IPhoneのズーム機能 4

□拡大した画面を移動させる

拡大した後の画面を、ずらしながら見たい時。

そんな時は、三本指で画面をなぞります。これだけで、拡大倍率はそのままに、画面を移動させることができます。

IPhoneのズーム機能 5

そもそもズーム機能なんて要らない

「こんなトラブルになるなら、そもそもズーム機能をオフにしたい」

そんな要望もあるでしょう。かく言う私も、昔はズーム機能をオフにしています。

ズーム機能のオン/オフは、設定から行えます。「設定/一般/アクセシビリティ/ズーム機能」と進み、オン/オフを設定できます。

IPhoneのズーム機能の設定

普段使いにはあまり利用用途のないズーム機能ですから、思い切ってオフにしておいても良いと思います。この機能がなくて困ったことは今まで一度もありませんから。

あとがき:デザインの確認などでは役に立つ

実は、全く無用の長物というわけでもないんです。

ウェブディレクターとして活動していて、制作したサイトのデザインを確認する時には重宝します。微妙なラインの統制を確認したり、色の違いを判断したり。

なので今はオンにしています。ポケットに入れておくとたまに誤作動を起こして、ロック画面が拡大されちゃったりするんですけどね。

それでは、今日はこのあたりで。




今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする