02_Evernote 02_アプリの使い方・活用方法 04_ウェブサービス 11_Evernote系 17_Alfred

[Mac] ランチャーからEvernoteを直検索すると生産性が激高する

ランチャーアプリとは、それ1つで様々なアプリにアクセスできるアプリの事を言います。

様々な魅力があるランチャーアプリですが、その中でも特筆すべき魅力が「フリーワード検索を対象のアプリに直接叩き込めること」にあります。

どういうことか。

例えばEvernoteで検索する場合、①Evernoteを起動して②検索窓にカーソルを合わせて③キーワードを入力すると思います。

しかしランチャーアプリなら、入力したキーワードを直接Evernoteに渡せます。ランチャーアプリで入力したキーワードで、Evernoteの検索を行うことができるんです。

入り口を1つに絞れれば、探したりする手間もありません。非常に便利なTIPSなので、覚えておきましょう。

Macオススメのランチャーアプリ

Macでランチャーアプリを利用するなら、無料のアプリ「Alfred」がオススメです。

Alfred Alfred
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


ショートカットキーを設定して置けば、どんな状態からもフリーワードの検索窓を呼び出せます。

そして、そこで入力したキーワードからアプリを起動できたり、そのアプリ内の検索ができたりと、様々な動きを設定できます。

キーワードをEvernoteに直接叩きこむ

さて、今回の趣旨である「ランチャーアプリからEvernote検索を直接行う方法」についてお話しします。

まずは、今回達成するゴールについて。

①Alfredのキーワード入力窓を起動し、キーワードを入力します。

AlfredからEvernoteに直接検索 7

②決定ボタンを押せば、そのキーワードでEvernote内の検索を行います。

AlfredからEvernoteに直接検索 8

この流れを達成するのが、今回の記事の目的です。非常に簡単な設定ですので、気になる方はやっておきましょう。

Alfredの設定

①Alfredの設定画面を開き、「Features」を選択。その中の「Custom Search」を開き、左下の「+」ボタンで新規作成します。

AlfredからEvernoteに直接検索

②「Search URL」に「evernote://search/{query}」を入力します。

AlfredからEvernoteに直接検索 2

③「Title」はご自由に。私は「Search for Evernote」としています。

AlfredからEvernoteに直接検索 3

④「Keyword」は、この検索条件を呼び出すトリガーのようなものです。私は「 e 」と設定しています。

すると、例えば「万年筆」と入力すればウェブで「万年筆」と検索し、「e 万年筆」と入力すればEvernoteで「万年筆」と検索できます。

AlfredからEvernoteに直接検索 5

⑤「Validation」の「Test」をクリックし、アクションが起これば問題ありません。「Save」を押して完了です。

AlfredからEvernoteに直接検索 6

あとがき:他にもいろいろ

今回は検索対象がEvernoteでした。しかし、これは別にEvernoteに限った話ではありません。

例えば「Amazon検索」「楽天検索」もできますし、「自分のブログ内検索」も可能です。

カスタマイズ性が高いので、ぜひ自分の好みの設定を見つけてみてください。

それでは、今日はこのあたりで。

Alfred Alfred
価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする






関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_Evernote, 02_アプリの使い方・活用方法, 04_ウェブサービス, 11_Evernote系, 17_Alfred
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.