iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【iPhone】バッテリーを超長持ちさせるiOS 9の4つの新機能

この記事のURLとタイトルをコピーする

iOS 9には数多くの新機能が追加されました。その中でも、バッテリーの消費を抑え、iPhoneの電池を長持ちさせるための新機能もいくつかあります。

今日はそんな、iOS 9のバッテリー関連の新機能について、覚えておくべき機能を4つほどご紹介します。

低電力モード

iOS 9から実装された新機能「低電力モード」。iPhoneにおける様々な機能を制限することで消費電力を抑える機能です。

メールの取得やAppのバックグラウンド更新が無効になる他、CPUのパフォーマンスも低下します。ただ、実際に生活している中では気にならないレベルかな。

なので私は結構な頻度で使ってます。

基本的には設定アプリのトップから「バッテリー」を選択して、「低電力モード」をオンにすればOK。低電力モードになると、右上のバッテリーマークが黄色くなります。

IOS9 battery 4 tips 2

設定アプリをいちいち開くのが面倒だという方は、ぜひSiriを活用してみてください。

画面を下向きにして省エネ!フェイスダウンモード

iOS 9からひっそりと実装された新機能「フェイスダウンモード」。特に設定が必要なわけではなく、iOS 9にしたら自動的に実装されます。

使い方は簡単。iPhoneのディスプレイ側を下にして置いておけばOK。これだけでiPhoneのバッテリー消費が抑えられます。

IOS9 battery 4 tips 5

画面を下にしておくとディスプレイの点灯が抑えられる

iPhoneのディスプレイ側を下にしてテーブルに置いておく。すると、モーションセンサーがiPhoneの状態を察知して、余計なディスプレイの点灯を控えてくれるんです。

例えば、通知が来たとき。バイブレーションはいつも通り鳴りますが、ディスプレイは光らないんです。

モーションセンサーがiPhoneの状態を検知するので、ポケットに入れておいても反応はしません。また、ガラスのテーブルでも問題なく機能します。

詳細はYoutubeの以下の動画を要チェックだ!

対応機種にも要注意

この「フェイスダウンモード」、すべてのiPhoneに実装されているわけではありません。

対応機種は「iPhone 5s」「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の5機種。iPadやiPod touchでも利用できないらしいので、その点は要注意です。

バッテリーの消費状況が詳細にわかる

バッテリーの使用状況は以前から知ることができました。それは設定のトップから「バッテリー」を選択すれば見られます。

しかしiOS 9からは、より詳細なバッテリーの使用状況を確認できるようになりました。

画面上で何分使って、バックグラウンドで何時間起動していたか。そんな裏側の使用状況がわかります。こうした情報を元にすれば、バッテリーの使用量の多いアプリに気を配ることもできます。

IOS9 battery 4 tips 3

自動ロックを30秒でかけられるようになった

iPhoneを放っておくと自動的にロックが掛かります。ロックが掛かるまでの時間は、今まで最短で1分でした。

しかしiOS 9からは、最短30秒で自動ロックをかけられるようになったんです。

IOS9 battery 4 tips 4

セキュリティの面を考慮してもバッテリーの持ちを考慮しても、自動ロックは短いほうが良い。30秒での設定をオススメしますよ。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です