iPhone

電源の入ってないiPhoneにも有効な防犯対策!あらゆるパスワードを変更しよう

iphone-offline-security

iPhoneを紛失してしまった!「探す」アプリを使って現在地を確認しようとしたが、電源が入っていないようだ。これでは遠隔から操作して、ロックをかけたり、データを削除することもできない。

そんなときには、まず最優先でApple IDのパスワードを変更しましょう。

iPhoneにインストールされているアプリを使われてしまうリスクは残るが、少なくとも、登録してあるクレジットカードを不正に利用されるリスクは回避できる。

Apple IDのパスワードの変更は、Appleデバイスがなくても、パソコンから簡単にできる。万が一のときは迅速に対応しよう。

それが完了したら、つぎは、その他のサービスで利用しているアカウントのパスワードを変更する。FacebookやTwitterなどのSNSや、LINEなどのコミュニケーションツールは率先して変更しよう。

Apple IDのパスワードを変更する方法

それでは Apple ID のパスワードの変更法についてご紹介する。Appleデバイスを利用して変更する方法もあるが、今回は一番汎用的で、他の人のパソコンやスマホでも対応できる、ウェブブラウザをつかった方法についてお話しする。

ウェブブラウザからApple IDへのログインページにアクセスする。リンクは以下のとおり。

step

1

Apple IDとパスワードを入力してサインインする。

iphone-offline-security_1
iphone-offline-security_2

step

2

サインインとセキュリティの項目から「パスワード」を選択する。

iphone-offline-security_3

step

3

いま設定している「現在のパスワード」を入力し、つぎに設定する新しいパスワードを2回入力する。
その際、「Apple IDに関連付けられているAppleデバイスとWebサイトからサインアウトする」にはチェックを入れよう。

iphone-offline-security_4

step

4

こうすることで、たとえ紛失して電源が入っていないiPhoneであっても、次に電源が入ったときには Apple ID からサインアウトされる。そうすればApple Payなどを悪用される心配から解放される。

 

【ほぼ日刊】ガジェットへの想いを語るだけ

Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラムにて、ぼくの持っているガジェットについてあれこれ語る記事を公開中!いわゆる "レビュー記事" とは違った、ぼくの道具にかける想いをただただ自分勝手に語ります。ほぼ日刊更新中。

その他、パスワードを変更したほうが良いもの

上記と同様の理由で、自分が登録している各種サービスのパスワードを変更しよう。そうすれば、自分のアカウントを悪用される心配もなくなる。

ぼくのiPhoneの場合、少なくとも以下のアカウントのパスワードを変更する必要がある。ご自身のケースで考えられるものを、予めピックアップしておくと良いだろう。

SNS

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • Discode

エンターテイメント

  • Netflix
  • Prime Video
  • TidTok
  • Youtube
  • ニコニコ動画

ビジネス

  • Google
  • Adobe
  • Evernote
  • Notion
  • ChatWork
  • Slack
  • Backlog
  • Teams

ショッピング・情報管理

  • 楽天市場
  • Amazon
  • メルカリ
  • STARBUCKS
  • Feedly
  • SmartNews
  • グノシー
  • PayPay
  • 銀行系

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

  • この記事を書いた人

ばんか

Webディレクターとしてサラリーマンをやりつつ、個人でブログや執筆活動をするパラレルキャリアを実施中。 ITツールを日常で活かす方法を広く伝え歩くことをミッションとした「ITツールエバンジェリスト」です。AllAboutやYahooクリエイターズプログラムでも活動中。

-iPhone
-, ,

© 2022 あなたのスイッチを押すブログ