iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

Gmailのメールアドレスは無限に増やせる!エイリアスの作り方と活用方法を解説

この記事のURLとタイトルをコピーする

gmail-alias

Gmailのメールアドレスは、一つ作ってしまえば、派生アドレスを無制限に作ることができます。

例えば「sample@gmail.com」というメインアドレスを持っているなら、「sample+01@gmail.com」でも「samp.le@gmail.com」でも、同じ受信ボックスにメールが届くのです。

エイリアス、つまり派生メールアドレスという機能で、知っておくとなにかと便利なので、ぜひ一読ください。

Gmailの派生版を作る方法

冒頭でお話しした通り、Gmailのメールアドレスは、一つ取得すれば派生メールアドレスを無制限に作ることができます。

派生メールアドレスを作る方法は大きく2つ。

  • ユーザー名の後に「+○○○○」と付ける方法
  • アドレスの間に「. (ピリオド)」を付ける方法

この2つです。

派生メールアドレスに送られたメールは、すべてオリジナルであるメールアドレスの受信ボックスに入ります。

ユーザー名の後に「+○○○○」と付ける方法

例えば「sample@gmail.com」というメールアドレスを取得している場合、ユーザー名が「sample」となりますね。

その後ろに「+ (半角プラス)」をつければ、あとは好きな文字を入力するだけで、派生メールアドレスを作成できます

  • sample+04@gmail.com
  • sample+hogehoge@gmail.com
  • sample+@gmail.com

これらのメールアドレス、どれにメールを送っても、すべて元のメールアドレスである「sample@gmail.com」の受信ボックスにメールが届きます。

アドレスの間に「. (ピリオド)」を付ける方法

例えば「sample@gmail.com」というメールアドレスを取得している場合、ユーザー名の間のどこに「. (ピリオド)」を入れても、派生メールアドレスとなります

  • sa.mple@gmail.com
  • sam.ple@gmail.com
  • sampl.e@gmail.com

これらのメールアドレス、どれにメールを送っても、すべて元のメールアドレスである「sample@gmail.com」の受信ボックスにメールが届きます。

活用方法:フィルタで分類する

gmail-alias_1

Gmailのフィルタ設定で、「to」のところに「sample+rakuten@gmail.com」と入力し、ラベル「楽天市場」を付けるように設定します。

楽天市場のアカウントに登録しているメールアドレスを「sample+rakuten@gmail.com」にすると、どうなるでしょう。

今後楽天市場から送られてくるメールはすべて「sample+rakuten@gmail.com」に送られることになり、そのメールすべてに「楽天市場」というラベルが付くことになります。

各サービスに登録するメールアドレスを派生型にすれば、メールボックスの処理が楽になる場合があります。

活用方法:捨てアカウントとして使う

これは実際にあった話。新しいウェブサービスを作成するにあたって、アカウント作成フローの試験が必要でした。その試験をするために、アカウント登録を何度も繰り返さなければならない。

自分が持っているメールアドレスでは限りがあります。そこで役立ったのが派生メールアドレスでした。

sample+test01@gmail.com
sample+test02@gmail.com
sample+test03@gmail.com

という具合に、連番の派生メールアドレスを使うことで、アカウント登録テストがスムーズに実行できました。

一時的にしか使わないような捨てアカウントとして活用するのも、便利な活用法です。

まとめ

Gmailのアカウントは、一つ取ってしまえば、ほぼ無制限に派生型メールアドレスを作れます。

アイデア次第で活用の幅は広がりますので、ぜひ覚えておきましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です