iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

キャップレス!万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい

この記事のURLとタイトルをコピーする

キャップレス万年筆。つまり、キャップがないんです。ボールペンのようなノック式なんです。

これは非常に素晴らしいことで、万年筆では珍しいこと。――と言うのも、万年筆は普通、インクが乾かないようにするため回転式のキャップを使うからです。

これが意外と面倒なんですよね。いちいちキャップを回して外さなくちゃいけないし、そのキャップはペンのお尻に挿しておかないと無くしてしまう。

その点ノック式万年筆「デシモ」は非常に取り回しが良い。日常的に使うには、これしかないってほど手軽で身近に感じられるペンです。

今日はそんな、最近の私のお気に入り万年筆「デシモ」をご紹介しましょう。

キャップレス!万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい

パイロットのキャップレス万年筆「デシモ」

今回の話の主人公であるのは、パイロットのキャップレスというシリーズの「デシモ」という万年筆です。

キャップレス。つまりキャップがなく、ボールペンのようなノック式の万年筆なんです。これはパイロット社が開発・製品化した世界初のノック式万年筆だそう。

普段はこんな感じで、万年筆のペン先は隠れています。
キャップレス 万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい 1

万年筆のおしり部分には、ボールペンのようなノックが。
キャップレス 万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい 2

これを押せば、ニョキッとペン先が出てきます。
キャップレス 万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい 3

写真を見て気づかれたかと思いますが、普通のボールペン等と比べると、ペン先とノックの位置が逆。つまり、クリップ部分の方がペン先になるんです。
キャップレス 万年筆はノック式になるだけで最高に手軽で使いやすい 4

「クリップ部分が邪魔」というレビューも見ましたが、実際使ってみるとあまり気になりません。私はむしろ持ちやすいかな。

クリップ部分に人差し指を引っ掛ければ安定するし、なによりいつも同じ持ち方で書けるのは非常にありがたいのです。

バリエーションも豊富

「デシモ」は、キャップレスシリーズの中でも最新モデル。

元々「キャップレス」というシリーズが販売されていて、「デシモ」はそれの後継機。少しペン軸が細くスリムになり、重量も軽くなったモデルなんです。

ペン先の太さも豊富。私は今回一番細い極細(EF)タイプを購入しましたが、他にもF・M・Bがあります。※ただし、カラーによってペン先の太さの種類が限定されますのでご注意を。

色合いは全体的に女性っぽい柔らかいカラーが多い気がします。でも、例えばキャップレスの「マットブラック」なんかは非常に無骨な感じでカッコいい。

コンバーターも使える!

インクはもちろん、コンバーター(吸引式)を使えます。

私は使い切りのボトルタイプより、吸引式を断然オススメします。理由は一つで、自分の好きなインクが使えるから。

インクは、万年筆のひとつの楽しみですからね。自分のお気に入りの色を使い続けたり、はたまた気分によって変えてみたりできるのは、やっぱり万年筆ならではです。

ちなみに私のお気に入りはペリカンのブルーブラック。昔からずっとこれを使い続けています。

手軽!だから使い続けられる

冒頭お話しした通り、万年筆は回転式のキャップが付けられていることが普通です。いちいちクルクルとキャップを回さない限り、ペン先を拝むことはできません。

ただ、使い続けているとこれが意外と手間。いや、この一手間が「さぁ書くぞ!」という気持ちを高めてくれるとも言えるのですが、そんな場面ばかりではありません。

サッと取り出してパパっと書きたい時だってあるんです。ちょっとしたメモ、ノートへの走り書き、仕事仲間への言伝……。

「デシモ」はそういう意味で、非常に手軽なんです。

書きたいその瞬間に書き始める。そのスタートの速さは、他の万年筆では味わえない快適さです。

手軽だから、日常的に使いやすい。生活に馴染みやすい。片意地を張らず、手帳にスッと挿して使っていられるんです。

インクは乾かないの?→大丈夫!

「デシモ」を買うにあたって一番心配したのは、インクの乾きやすさでした。

キャップレスが非常に使いやすいのは分かる。けれど、2・3日したらインクが乾くようじゃあ使い物になりません。なら、普通にキャップがある方がいい。

……けれど、これは無用な心配でした。

例えば、土日の二日間を使わずに過ごした次の月曜日の最初の書き始めも、非常に滑らかに書き始められます。

また、私は万年筆の中で最も細いペン先「極細(EF)」を使っていますが、インクのフローが悪いと感じた瞬間はありません。それぐらい、万年筆としてシッカリしています。


使い始めて1ヶ月ぐらい経ちますが、なかなか欠点らしい欠点を見つけられずにいます。それぐらい自分のニーズとライフスタイルにフィットした、良い万年筆です。

あとがき

今はこれを「ほぼ日手帳カズン」に挿して、肌身離さずいつも持ち歩いています。

手帳に挟んで、書きたい時に書きたい事をお気に入りの文房具で書く。これが至福のひと時と言っても、まぁ言い過ぎではないでしょう♪

ちょっとでも気になった人は、さぁLOFTやハンズで試し書きだっ!(私は試し書きもせずに、えいやぁで買いましたがw)

それでは、今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です