03_Todoist 04_ウェブサービス

知っている?Todoistでは場所をトリガーにしたリマインダーが設定可能

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法

やるべき事を思い出すべきタイミング。それは何も時間だけではありません。場所がトリガーとなって思い出すべき事も、結構多いのです。

「駅についたら定期券を買おう」
「職場についたら、まずは借りてたUSBを返す」
「今月末期限の割引券があるから、今度あの店に行ったら使おう」
「家についたら書類をカバンの中にいれよう」

ある場所に着いたら。ある場所を離れたら。そんなタイミングでTodoを思い出せると、非常に便利なことが多いのです。

それを可能にする方法はいくらかありますが、私が愛用しているタスク管理サービス「Todoist」でもできるんです。知っていましたか?

まずは基本の時間軸によるリマインド

私が愛して止まないタスク管理サービス「Todoist」ですが、その機能の一つに「リマインダー」があります。いやゆる、タスクを忘れないようにアラートしてくれる機能です。

リマインドしてくれるタイミングの中で、一番ベーシックなのは「時間」です。「○月×日△時」「毎週金曜日に」などなど、時間でのリマインダーは一般的ですね。

Todoist に関しても、もちろん時間を軸にしたリマインダーは可能です。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 1

リマインドを設定するときは日本語での記述が可能 。これは覚えておくと便利です。

ですが、冒頭でお話したとおり、思い出したいタイミングは「時間軸」だけではありません。そこで便利に使えるのが「場所」によるリマインド。

場所によるリマインダを設定しよう

では、場所によるリマインドの設定の仕方についてご紹介します。

時間軸での設定と同じように、リマインダーの設定アイコンをクリック。続いて、時計のアイコンをクリック。すると「位置」という選択肢があるので、これを選択します。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 2

次に、リマインドしたい場所を入力。ある程度入力すると、サジェストしてくれます。あまりニッチな施設だとヒットしてくれませんので、駅名などが無難でしょう。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 3

住所による検索は結構難しいのでオススメできません。その代わり、郵便番号での検索が意外とオススメです。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 4

場所を決定するとGoogleマップが出ますので、位置を確認。…この地図上で任意の場所を指定できたら良いんですけどね。今はできないみたいです……。

最後に、その場所に到着したらアラートを出すか、出発したらアラートするかを選択して、設定完了です。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 5

iOS版の場合は、新規タスクの登録画面で「リマインダー」を選択し、その先で「場所」を選択。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 6

あとは同じように場所を登録します。iPhoneでの利用で便利なのは、現在地をリマインダースポットに登録できる所ですかね。

Todoistで場所をトリガーにしたリマインダーの設定方法 7

Macのアプリだと設定できない……

ちなみに、この場所によるリマインドですが、Macのアプリだと設定できません。これはたぶん不具合なので、今後は解消されると思います。

もし場所によるリマインドが使いたい場合は、ウェブ版のTodoistiPhone・iPad版のアプリを利用しましょう。

あとがき

地図上から任意の場所をリマインダスポットとして登録できたら最強なんですけどねー。

これは今後のアップデートに期待といったところでしょうか。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-03_Todoist, 04_ウェブサービス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.