02_アプリの使い方・活用方法 07_思考管理・アイデア発想系

アプリ『Scapple』を100%使いこなすために必須なショートカットと初期設定

今回は、Macの思考アシストツール『Scapple』を最大限に活用するために必要な、初期設定とショートカットをご紹介しますね。

快適な思考発散を行うためには、考えること以外の作業について『考えない』ことが大切になります。「あれやこれや」と考えながら作業をすると、思考の集中ができなくなってしまいますのでね。

バチバチとキーボードを叩いては思考を拡散させていき、最後にその思考を収束させていく。この流れが気持ちいいのが『Scapple』の良い所ですから、そのフローを邪魔されないような設定とキーボード操作が必要になります。

ぜひとも、覚えるか画面メモしてからブラウザを閉じてくださいね。それでは参りましょう。

Scappleを使いこなすためのショートカットと初期設定

Scapple Scapple
価格: ¥1,300
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


必ず行うべき初期設定

必ず行うべき初期設定は、2つほどあります。

◇【Enter】でキーワードの編集を終了する
◇【Enter】で新規キーワードを入力し始める

Scappleで必ず行うべき初期設定

【Enter】でキーワードの編集を終了する

デフォルトだと、キーワードの入力時に【Enter】を押すと改行になります。これを、【Enter】でキーワードの決定に設定します。(※設定後にキーワードを改行したいときは、【option + Enter】となります。)

設定画面を開き、「Return ends editing」にチェックを入れれば設定完了です。

【Enter】で新規キーワードを入力し始める

何も選択していない時に【Enter】を押すことで、新しいキーワードを入力できるようにします。

設定画面を開き、「Return creates new notes」にチェックを入れれば設定完了です。



これらの設定を行うことで、【Enter】を打ち込む度に次々とキーワードを入力していけます。スピード感を損なわずに思考を広げるためには、必須の設定でしょう。

覚えるべきショートカット

Undo

キーワードを入力し間違えたり、誤ってキーワードを消してしまったり、変な所にキーワードを移動させてしまった。『Scapple』を使っているときに行った作業で、直前の状態に戻すためには【Undo】を使います。

◆【Undo】 → 【command + Z】




行った【Undo】をやり倒したい時は、以下のショートカットで【Undo】で戻した作業を取り消すことができます。合わせて覚えておきましょう。

◆【Undo をやり直す】 → 【command + shift + Z】


点線ありで新規キーワードを入力

新しいキーワードを作成するときに、点線をつけた状態でキーワードを作るためのショートカットです。

◆【点線ありで新規キーワードを入力】 → (キーワードを選択した状態で)【control + command + 矢印】


矢印ありで新規キーワードを入力

新しいキーワードを作成するときに、矢印をつけた状態でキーワードを作るためのショートカットです。

◆【矢印ありで新規キーワードを入力】 → (キーワードを選択した状態で)【control + command + option + 矢印】


2つのキーワードを矢印で結ぶ

選択している2つのキーワードを矢印で結ぶためのショートカットです。矢印は、最初に選択したキーワードから、後に選択したキーワードに向けられて矢が向きます。

◆【2つのキーワードを矢印で結ぶ】 → 【command + >】


ズームイン・アウト

表示されている画面を、拡大(ズームイン)したり、縮小(ズームアウト)したり、はたまた全体をウインドウにフィットさせるためのショートカットです。作業画面を効率的に使うためによく使います。

◆【ズームイン】 → 【option + command + ↑】
◆【ズームアウト】 → 【option + command + ↓】
◆【画面にフィットさせる】 → 【command + 9】


あとがき

思考を妨げないためには、それ以外のことに頭を使わないことが大切ですね。だから紙に書くのが実はベストなのかもしれませんが、速記したいときはやっぱりパソコンのキーボードが快適なんですよね。

徳のこの『Scapple』は「思考を拡散する工程』と『思考を収束させる工程』をバッチリ分けられる所が好きです。とりあえずキーワードをバンバン書き出して、最後にキーワードを繋いでグルーピングする。この流れがえらい気持ちいいんですよね。

Scapple Scapple
価格: ¥1,300
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする




関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_アプリの使い方・活用方法, 07_思考管理・アイデア発想系
-, , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.