01_基本と応用 02_基本の使い方と設定 05_キーボード・タイピング

Mac便利技:選択肢の決定はスペースかエンター、選ぶならタブで

今日は少しMacの小ネタを。

Macを使っていて、選択肢を選ぶ機会は数多くあると思います。例えば以下のような、Macを終了するときに出てくるアナウンス。

選択肢をキーボードで選ぶ方法

この時、マウスカーソルをいちいち移動させるのは面倒です。キーボードで選んだ方が、間違いもなくて簡単です。

今日はそんなTIPSをご紹介。

選択はタブ/決定はスペースかエンター

先ほど紹介した画面の場合、薄いブルーで囲われたボタンが、現在選択されているボタンになります。

これを決定する時(キャンセルしたい時)は、スペースキーを押します。

▼この状態で「スペースキー」を押すとキャンセルされます。

選択肢をキーボードで選ぶ方法 3

この薄いブルーで囲われた選択範囲は、タブを押すことで移動させられます。

▼タブを押して、選択範囲をチェックボックスに移動させました。

選択肢をキーボードで選ぶ方法 2

濃いブルーになっている選択肢は、改めて選択する必要はありません。「Enterキー」を押せば、無条件で濃いブルーのボタンが選択されます。

▼この状態で「Enterキー」を押せば「システム終了」を選んだ事になります。

選択肢をキーボードで選択する方法

チェックボックスの選択もキーボード上で

チェックボックスにチェックを入れるときも、マウスカーソルを使う必要はありません。

タブを押して、チェックボックスに選択位置を移動させます。チェックボックスが選択されたら、スペースキーを押しましょう。

すると、チェックボックスにチェックが入ります。

▼チェックボックスで「スペースキー」を押せば、チェックが入ります。

選択肢をキーボードで選択する方法 1

複数のチェックボックスが含まれるような選択肢でマウスカーソルを使うのは、非常に億劫です。チェックボックス自体が非常に小さいのでね。

そんな時は、このTIPSを使えば間違いもなく、簡単に行えます。

あとがき:キーボードで出来ることは実は多い

あなたが思っている以上に、キーボードだけで操作できることは多いのです。実はね。

最初は使いづらい印象を持たれるかもしれません。ですが慣れてくると、手元だけで操作できると、作業効率が著しく向上します。

細かいことですが、その積み重ねが大切。ぜひ覚えておきましょう。

それでは、今日はこのあたりで。




関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定, 05_キーボード・タイピング
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.