01_Mac 01_基本と応用 02_基本の使い方と設定

アプリ不要!Macで大量のpng画像をjpegに一括変換する簡単な方法

大量のpng画像ファイルを、ババっと一括でjpg画像に変換する方法をご紹介します。もちろん、逆も可能。他のファイル形式でもOK。

使用するのは「フォルダアクション」。

Macでは、「フォルダの中にファイルが追加されると、そのファイルに対して何かしらのアクションを自動的に起こす機能」があります。それがフォルダアクション。

pngをjpegに変換するだけでなく、他にも画像を一括編集できる機能がありますので、この機会に覚えておきましょう。

フォルダアクションの設定方法

1新規フォルダを作成します。場所はどこでもOK。とりあえずデスクトップに作っておきます。

Mac png to jpg 1

フォルダ名はわかりやすくしておきましょう。私は「png to jpeg」としておきました。

2作成したフォルダを右クリック。出てきたメニューの「サービス」を選択した先の「フォルダアクション設定」をクリックします。

Mac png to jpg 2

3このフォルダに追加したファイルに起こすアクションを設定します。今回なら「Image -Duplicate as JPEG.scpt」を選択します。

Mac png to jpg 3

その他に設定できるフォルダアクションは以下の通り。

Image – Duplicate as JPEG.scpt JPEG形式で複製
Image – Duplicate as PNG.scpt PNG形式で複製
Image – Duplicate as TIFF.scpt TIFF形式で複製
Image – Flip Horizontal.scpt 水平方向に反転
Image – Flip Vertical.scpt 垂直方向に反転
Image – Rotate Left.scpt 左に回転
Image – Rotate Right.scpt 右に回転
Image – Info to Comment.scpt Spotlightコメントに情報を入力

このフォルダアクションを活用すれば、「そのフォルダに追加したファイルをEvernoteに自動転送する」なんてこともできてしまいます。

以下の記事を参考にどうぞ。

フォルダアクションを実際に使ってみよう!

先ほど作成したフォルダ「png to jpg」の中に、png形式の画像を一気に投入してみます。

Mac png to jpg 4

すると、「png to jpg」フォルダの中に「Original Images」と「JPEG Images」という2つのフォルダが生成されました。

Mac png to jpg 5

「JPGE Images」フォルダの中には、JPG形式に変換された画像ファイルが生成されました。

執筆後記

プレビューを使って作成した画像ファイルって、デフォルトはPNGになるんですよね。

ブログで使う画像はプレビューを活用することが多いので、今回のフォルダアクションは個人的に重宝しています。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_Mac, 01_基本と応用, 02_基本の使い方と設定
-,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.