01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定 08_カメラ・写真管理

【30秒で】絶対に失敗できない場面での撮影は機内モードを活用すべし【読了】

kinaimode-yukokatsuyo

運動会や学芸会など、絶対に失敗できない場面。そんなときに限って電話がかかってきて、録画が途中で途切れてしまった。そんな失敗、怖すぎますよね。

そんな時に有効なのが「機内モード」。電話や通知など、突然の連絡が一切こなくなるので、安心して撮影に没頭することができます。

機内モードとは

「機内モード」とは、元々は飛行機内でスマホの通信を発生させないために使う機能。このモードをオンにしている間は、以下の機能が使えなくなります。

  • キャリアによるデータ通信
  • Wi-Fi
  • Bluetooth
  • GPS

上記の機能をそれぞれ個別にオフにすることはできるが、それはいちいち面倒くさい。かといってiPhoneの電源を落としてしまっては、iPhone自体が使えなくなってしまいます。

iPhoneにおける通信機能の一切を、ワンタッチでオフにできるのが「機内モード」です。その特徴を理解していれば、様々な場面で活用できます。

機内モードをオンにする方法

「機内モード」をもっとも簡単にオンにできるのはコントロールセンターです。

iPhoneの画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開き、左上にある飛行機のアイコンをタップ。オレンジ色になっている間は機内モードがオンになっているので、通信が一切遮断されている状態です。

kinaimode-yukokatsuyo_1
kinaimode-yukokatsuyo_2

機内モードは人生の重要な場面で役立つ

通信が一切遮断される。それはつまり、iPhoneを通して来る連絡が一切届かなくなることを意味します。電話はもちろん、アプリの通知やメールなどの連絡も一切来なくなります。

邪魔されるものがなくなるので、いま目の前のことに集中することができます。

たとえば動画の撮影。

録画している途中で電話がかかってくれば、その録画は中断されてしまいます。機内モードにしておけば、そもそも電話がかかってくる心配がありません。

Bluetoothだけオンにしておくことも可能

kinaimode-yukokatsuyo_3

機内モードをオンにした後、Bluetoothアイコンをタップすれば、機内モードをオンにした状態でBluetoothをオンにすることができます。

たとえば、ダウンロードしておいたYoutubeの番組やレンタルした映画なら、通信が発生しないので、機内モードでも視聴可能。Bluetoothのワイヤレスヘッドホンを使って、誰にも邪魔をされず、自分の時間をゆっくり過ごすことができます。

Wi-Fiだけをオンにしておくことも可能

kinaimode-yukokatsuyo_4

同様に、機内モードをオンにした状態でも、Wi-Fiだけをオンにすることが可能です。機内モードにしたあとに、Wi-Fiアイコンをタップすれば、通信方法をWi-Fiに限定することが可能です。

モバイルデータ通信が発生しませんので、毎月のデータ通信量の節約が可能です。これを使えば「動画を見ていたら、いつの間にかモバイルデータ通信に切り替わっていた」なんて事故を防ぐこともできます。

その他、機内モードの活用方法

その他、機内モードが活躍する場面としては、以下のようなシチュエーションが考えられます。合わせて参考にしてみてください。

急速充電したいとき

iPhoneは、知らずしらずのうちに様々な通信を繰り返しています。そしてその分だけ、バッテリーも消耗しています。

機内モードにしている間は通信が発生しませんので、その分だけバッテリーの消耗を抑えられます。その状態で充電すれば、普通に充電するよりも素早く充電することが可能です。

通信環境が悪いときのリセット

なんらかの理由でモバイルデータ通信やWi-Fiが繋がりにくいことがあります。そういったときは、一度機内モードにして、通信環境をリセット・再接続することで、解決することがあります。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定, 08_カメラ・写真管理
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.