04_ウェブサービス 07_仕事で役立つ情報

複数の画像を1つのPDFにまとめる方法【iLovePDF活用】

jpg-to-pdf

複数の画像ファイルを、1枚のPDFファイルにまとめたい。そんなときに役立つ方法をご紹介します。

「iLovePDF」が一番おすすめ

JPG を PDF にできるウェブサービスはいろいろありますが、その中でも私がおすすめするのが「iLovePDF 」。

理由はデザイン。フラットなデザインをベースとしていて、シンプルで明確。シンプルな使いやすさがあります。

それとツールの豊富さが嬉しいところ。PDFに関するさまざまな編集作業ができるウェブサービスで、すべての機能を基本無料で使うことができます。

無料版でできること

無料版だと、アップロードできるファイル数や容量に制限がありますが、ちょっとした作業で使うだけなら、無料でも十分こと足ります。もしビジネスや業務で使うなら、有料プランを検討しても良いかもしれません。

使えるツールは以下の通り。PDFを圧縮したり、PDFをPowerPointのスライドショーに変換したりと、様々な編集作業ができます。

今回使うのは、この中にある「JPEG PDF 変換」です。以下のリンクからアクセスすれば、登録せずに使い始めることができます。

ファイルをまとめてドロップするだけ

使い方はいたって簡単。以下の画面に、PDFにしたい画像をまとめてドラッグ&ドロップするだけ。

jpg-to-pdf_6

できあがりのPDFのページサイズや、余白を選択したら、PDFに変換ボタンをクリック。

jpg-to-pdf_3

あとは変換されるまで待つだけです。アップロードするファイルサイズによっては時間がかかるので、気長に待ちましょう。

jpg-to-pdf_4
アップロード時間を短くする方法

アップロードする画像のサイズが大きければ大きいほど、PDFに変換するまでに時間がかかってしまいます。なので「JPEGmini」などの画像圧縮ツールを利用して、元の画像サイズをなるべく軽くしてからアップロードすると、時間が短縮できます。

PDFの変換が終われば、ダウンロードボタンが表示されます。DropboxやGoogleDriveに保存することも可能ですし、ダウンロードURLを習得することもできます。

jpg-to-pdf_5

重くなったPDFを軽くする方法

複数ページにわたるようなPDFを作ると、PDFファイルとしてのサイズ容量が大きくなりがちです。

メールに添付できなかったり、ウェブにアップロードできなかったりと、不便があるので、PDFはなるべく軽くしましょう。

PDF圧縮ツールを活用する

iLovePDF 」にはPDFファイルのサイズを圧縮するためのツールが用意されています。以下のリンクから利用可能です。

このツールに、作成したPDFを通せば、いくらかサイズダウンさせることができます。

そもそもの画像サイズを減らす

元になる画像のサイズが大きいと、その結果で作られるPDFファイルも重くなりがちます。画像はなるべく軽くしましょう。

画像を軽くする方法は2つ。「画像の縦幅・横幅を小さくする」か「画像を圧縮する」か。あるいはその両方を活用します。

iLovePDF の姉妹サイトに「iLoveIMG」というサイトがあり、サイズ変更や圧縮ができますので、合わせて活用してみてください。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-04_ウェブサービス, 07_仕事で役立つ情報

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.