01_基本と応用 02_iPhone 02_基本の使い方と設定

iPhoneのブルーライトの影響を和らげるために実施している2つの方法

Iphone bluelight guard

iPhoneの画面からは眩しい光が出続けています。昨今話題になる「ブルーライト」というやつです。

強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達するとのこと。目の疲れや痛み、睡眠への影響など、ヒトの身体にとって良いことがない光です。

このブルーライトの影響を軽減する言われていていて、実際に私が実践している方法が2つほどあるのでご紹介します。

方法①:Night Shift モードの活用

iPhoneには「Night Shift モード」というものが実装されています。これを利用すると、画面全体が温かみのあるオレンジ色に変化し、青白い刺激的な光が和らぎます。

Iphone bluelight guard 1

Night Shift モードを手軽に利用するなら

Night Shift モードは、設定アプリから色々と設定を調整できます。ただ、いちいち設定アプリを開いていては面倒くさい。

そこで一発でNight Shift モードに移行する方法があります。それがコントロールセンター。

iPhoneの画面の一番下から、指を上に向けてスライドさせると、各種メニューが出てきます。この中の「Night Shift」をタップすれば、即座にNight Shift モードがオンになります。

Iphone bluelight guard 2

しかしここでオンにした場合、次の日には自動的にNight Shift モードがオフになりますので、その点はご注意ください。

毎日の時限設定も可能

勝手にオフにさせず、毎日決まったスケジュールでNight Shift モードにすることもできます。

例えば「18:00から次の日の7:00まではNight Shift モードにする」といったスケジュール設定です。

設定アプリを開き、「画面表示と明るさ > Night Shift」へと進めば、時間設定が可能になります。

Iphone bluelight guard 3

Night Shift モードを常にオンにする裏ワザ

Night Shift モードを常にオンにしたい場合は、時間設定を「0:00〜23:59」にしてください。

そうすれば、空白の1分間を除いて、それ以外は常にNight Shift モードを維持することができます。

Iphone bluelight guard 4

方法②:ブルーライトカット効果のあるフィルムを使う

方法の2つ目は、素直に「ブルーライトカット効果」のあるフィルムを活用すること。私も最近利用しています。

最近では、いわゆる硬度の高いガラスフィルムを採用した「ゴリラガラス系」のフィルムの中にも、ブルーライトをカットする効果があると謳っているフィルムがあります。

これを利用すれば、iPhoneの高価な液晶がひび割れる心配もなくなり、一石二鳥。私のように子どもがいる家庭では強化ガラスフィルムは必須だと思っているので、ぜひ活用してみてください。

今私が愛用しているのがこのフィルム。良い悪いって難しいんですが、「何の問題もなく使えている」というのが最高の評価ってことになるでしょうか。

執筆後記

毎日毎日iPhoneとMacに向かっている私ですが、「あーブルーライトきついわー」と感じたこと、実はあまりありません。

でもそれは「目に見えて劇的な変化がないから」だと思います。確実に少しずつ負担は蓄積されているでしょうから、実感のない今から対策をしていきたいと、最近期にしているのでございます。

ただ、最後になりましたが、今回ご紹介した方法が医学的に本当に効果があるのかは、実はちょっとわからない。盲信しすぎるのも良くないと思いますので、自己判断でお願いします。

私も、「あーなんとなく効いてる気がするわー」程度に思っているので。

それでは、今日はこのあたりで。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-01_基本と応用, 02_iPhone, 02_基本の使い方と設定
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.