04_ウェブサービス 06_Google+ 18_Gmail 22_Googleカレンダー 23_Googleマップ

Googleの2段階認証を設定した後、アプリにログインできない問題の解決法

Googleの2段階認証を設定した後、今まで使っていたアプリが使えなくなって困っていませんか?

例えば、iPhoneやMacのメールアプリ、iPhoneのGoogleマップなどなど。Googleに関するアプリが軒並み使えなくなって焦った事がありました。
Googleの2段階認証を設定した後 アプリにログインできない問題の解決法 0

実は、2段階認証を設定すると、アカウントへのログインとは別に、アプリ固有のパスワードを取得する必要があるんです。

2段階認証後は各アプリに固有パスワードが必要

Googleの2段階認証を設定すると、そのアカウントに紐付いて使っていたアプリケーションに対しては、個別のパスワードを取得する必要が出てきます。

これは全てのアプリケーションに必要な作業ではありませんが、未だに多くのアプリで求められることです。

ブラウザの外部で動作するアプリケーションの中には、2 段階認証プロセスにまだ対応しておらず、確認コードを入力する機能がないものもあります。……アプリケーションを使用するには、初めにアプリケーション固有のパスワードを生成する必要があります。

対象のアプリケーションの数だけ別のパスワードが必要になるので、意外と設定が面倒くさいのです。ただ、これもセキュリティを強化するため。我慢しましょう。

固有のパスワードの発行

では、固有のパスワードはどうやって取得するのか。それをご説明します。

まず、Googleアカウントにログインして、「アカウント画面」」を開きます。そして「セキュリティ」を選択し、「アプリのパスワード」を選択します。
Googleの2段階認証を設定した後 アプリにログインできない問題の解決法 1

新しいアプリケーション固有のパスワードを生成する」の項目で、名前を記入します。

後々分かりにくくなってしまうといけないので、名前には対象デバイスとアプリ名を記載しましょう。iPhoneのメールアプリなら「iPhone[Mail]」としています。
Googleの2段階認証を設定した後 アプリにログインできない問題の解決法 2

パスワードを生成」を選択すると、アルファベット16文字の新しいパスワードが生成されます。

このパスワードを対象アプリで入力すれば、晴れてアカウントを紐付けることができます。

この文字列をコピーして、設定対象のデバイスに渡してください。ちなみに、スペースが空いているように見えますが、スペースは必要ありません
Googleの2段階認証を設定した後 アプリにログインできない問題の解決法 3



このパスワードは、ページを離れてしまうと二度と見ることはできません。その時は面倒ですが、もう一度パスワードを発行し直す必要があります。

あとがき

2段階認証を採用してから非常に手間が増えました。ですが、これは絶対必要です。

「面倒だから」「自分だけは大丈夫」なんて思ってはいけません。問題が起こってからでは遅いのです。

まだ2段階認証を設定してない方は、早目の対策を心がけるようにしましょうね!

それでは、今日はこのあたりで。




\ この情報をシェアしよう! /

-04_ウェブサービス, 06_Google+, 18_Gmail, 22_Googleカレンダー, 23_Googleマップ
-, , , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.