02_Evernote 04_ウェブサービス

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法

今現在見ているページをウェブクリップで保存する事は頻繁にあります。ですが、ページのレイアウトが崩れてしまう場合もあるので、場合によっては PDF にして保存したい。

Safari だったら簡単なんです。保存したいページで印刷画面に移動し、左下のドロップメニューから「PDF を Evernote に保存」を選択すれば完了するんです。

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法 1

ですが Google Chrome だとこれがまた面倒。Safari と同じような操作を見つけるまでに結構な時間が掛かりました。

なので今回は自分への備忘録も兼ねて、Google Chrome で見ているページを PDF として Evernote に保存する方法をご紹介します。

ウェブページを PDF で Evernote に保存

では早速、Google Chrome で見ているページを PDF として Evernote に保存する方法をご紹介します。

保存したいページにアクセスしたら、「command + P」でページの印刷画面を表示させます。そして、左下の「PDFをプレビュー」ボタンを押します。

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法 2

すると印刷画面がプレビューで開かれますので、この状態でもう一度「command + P」を押し、印刷画面に移動。そして、左下にある「PDF」というドロップメニューを選択します。

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法 3

するとそのメニューの中に「PDF を Evernote に保存」という項目があるので、これを選択。

Chromeで見ているページをPDFとしてEvernoteに保存する方法 4

これにて完了。無事に Evernote の方に PDF で保存されます。

基本的には Safari と同じなんですけど、一度プレビューアプリで開かなくてはいけないのが面倒なところですね。

PDF で保存するメリット

最後に、ページを PDF で保存するメリットについて少し触れておこうと思います。

私は結構好きなんです、PDF で保存しておくことが。人によってはウェブページの装飾を削除した、シンプルな形式で Evernote に保存することを好むかもしれませんけどね。

ですが私は、基本的にはページデザインのままで保存したいんですよ。その方がページ製作者のセンスがそのまま残りますから。

それに、Evernote で見た時も「あぁ、あのサイトの記事か!」ってわかりやすくなるんです。

今の Evernote であれば、PDF に記載されいているテキストも、検索の対象になりますから、不便を感じることも少ないです。

毎回毎回使うテクニックではありませんが、覚えていて役立つことは間違いないでしょう。

あとがき

PDF での保存は結構利用できる小技だと思います。

ウェブページだけでなく、PowerPoint や Excel などのオフィス系ファイルも、よく PDF にしてから Evernote に保存していますよ。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_Evernote, 04_ウェブサービス
-, ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.