iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

100の単語すべての前や後に同じ文字を付け加える簡単な方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

text-add-front-back

例えば、A・B・C・D・Eという言葉、それぞれの頭に「http://」を付けたいとか、それぞれの後ろに「.jpg」を付けるとか。

なんでもいいんですが、同じテキストを続けて付け加えていきたいときに、とても簡単な方法があるのでシェアします。

これを応用すれば「とある単語に一瞬で連番を振る」なんてことも可能になります。ぜひ活用してください。

同じテキストをすべての単語の前や後ろに追加する方法

私はウェブサイトの制作をしているので、例えば「以下のようなテキストすべての頭に http:// を付けたい」といったケースがあります。

sample.com/service
sample.com/about
sample.com/product
sample.com/product/detail
sample.com/kiyaku

解決方法はExcelです。私は普段からNumbersを使い慣れているのですが、Excelでも大丈夫です。

1まず最初に、テキストエディタにテキストを箇条書きにします。そして、それらのテキストをコピーします。

text-add-front-back_1

2Excelを開いて、コピーしたテキストを貼り付けます。すると、各テキストがそれぞれセルの中に入ります。

text-add-front-back_2

3貼り付けたテキストの左隣に、付け加えたいテキスト「http://」を入れます。

text-add-front-back_3

4左右の列を含んだ形で範囲選択し、コピーします。

text-add-front-back_4

5テキストエディタに戻り、貼り付けます。すると付け加わったような体裁でペーストできます。しかしよく見ると「http://」と「sample.com」の間に微妙なスペースがあることに気が付きます。

text-add-front-back5

6このスペースを取るために、まずはスペースをコピーします。そして「Command + F」で「スペース」を検索し、全置換という形で削除します。

text-add-front-back_6

7これで、完璧な状態でテキストを追加できました。

text-add-front-back_7

応用:同じテキストに連番を振りたいとき

このテクニックを応用すると「テキストに連番を振る」なんてことも簡単にできます。

例えば「sample」というテキストの後ろに「1・2・3・4…」という感じで連番を振りたいとき。

Excelに「sample」というテキストを箇条書きに作って、その後ろに「1・2・3・4…」と入れて、範囲をコピーすればOK。あとは先程の容量と同じで、テキストエディタに貼り付けて、スペースを全置換削除すれば完了です。


いかがでしたでしょうか。まどろっこしいやり方に思えるかもしれませんが、意外と使えるテクニックです。覚えておいて損はありませんよ!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です