iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

手帳が重くて持ち運べない人へ!サテライトノートを活用しよう

この記事のURLとタイトルをコピーする

私の愛用している手帳は「ほぼ日手帳カズン」。マンスリー・ウィークリー・デイリーが全て揃っていて、隙がない優秀な手帳だと思っています。

唯一難点があるとすれば、それは重さです。

書けるスペースがふんだんに用意されていると言うのは、つまり冊子が厚くなると言うこと。鞄に忍ばせるなんて可愛い表現は似つかわしくなく、鞄を陣取ると言った方がしっくり来るぐらいです。

そんな重たい手帳は持ち運びたくない。そんな私は「サテライトノート」を活用しています。

手帳が重くて持ち運べない人へ!サテライトノートを活用しよう

サテライトノートとは?

私が勝手に作った言葉ですけどね。要は「ほぼ日手帳カズンを母艦として家に常駐させ、持ち運びには専用のノートを使う」という形態です。

最近の私の使い方は、正にそんな感じ。

サテライト。つまり「衛星」ですね。母艦から発出したノートを常に持ち歩き、日々の記録はそこに書き込む。そして、一日の終りには書き込んだ部分を切り離して、母艦である手帳に貼り付ける。

こうすることで、機動性の確保と記録の一箇所管理が両立できるわけです。

手帳で予定管理してないから出来る

ちなみにこの方法は、私が手帳で予定の管理をしていないから出来ています。

スケジュールやタスクの管理は、すべてクラウド上のサービスを利用しています。「これから起こる明確な予定」は、iPhoneやiPad、Macなどを使った方が便利だからです。

手帳では「起こった出来事(過去)」と「これからのアクションとビジョン(未来)」しか管理していません。「予定された未来(近未来)」については何も書き込んでいないので、私は手帳を持ち運ぶ必要がないのです。

だからこうした「サテライトノート」を使うことができます。

逆に「手帳を持ち歩く必要がある人」には、この方法はオススメできません。予定が確認できなくなってしまいますからね。

オススメのサテライトノート

私がサテライトノートとして愛用しているのは、ニーモシネのA5版ノートです。A5版のノートは非常に使い勝手が良い。普通のノートよりは小型で、しかし書けるスペースが多く確保できる、ちょうどギリギリのサイズなんです。

また、他にもロディアの小型メモ帳も使っていて、ちょっとしたメモやアイデアはこっちに書き込んでいたりします。

サテライトノートとして使うなら、「切り離しが簡単なノート」が絶対にオススメです。

「いや、その部分を自分で切って貼り付けるから大丈夫だよ」と思っているなら、その考えは甘い。そのちょっとした面倒臭さが、日々積み重なると、必ずやらなくなる日が出てくるのです。

サテライトノートを母艦に戻すのは、ちょっとした手間です。その手間を極力省くためにも、最初から切り取り線が入っているようなメモ帳、つまりニーモシネやロディアがオススメなんです。

サテライトノートを母艦に戻す方法

サテライトノートに書き込んで、一日の終りにはそれをほぼ日手帳のデイリー欄に貼り付けます。

まず、サテライトノートに書き込んだメモは、一日分をまとめておきます。私の場合は専用のケースを使っているので、メモを切り離してはケースに挟んでおいています。

手帳が重くて持ち運べない人へ!サテライトノートを活用しよう

貼り付け方は簡単。マスキングテープを使います。以前お話した通り、私はほぼ日手帳にマスキングテープを忍ばせているので、大きな手間も準備も必要ありません。

手帳が重くて持ち運べない人へ!サテライトノートを活用しよう

ニーモシネのA5版だと、デイリー欄からどうしてもはみ出てしまうので、ちょっと折りたたんで貼っています。もし複数のノートにまたがった時でも、こうして折りたたんで貼り付けるようにしています。

あとがき

「ほぼ日手帳カズン」は非常に使い勝手の良い手帳ですが、鞄に入れておくと肩が凝って仕方ない。休みの日の外出にわざわざ持ち歩くのも、なんだか気が滅入ってしまいます。

だからこそ、もっと気軽なノート「サテライトノート」が私には丁度いい。ふらっとした外出でも持ち運べ、それでいてメモを一元管理できる。このシステムが最近は非常にお気に入りです。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です