iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

LamyのSafariといえば、万年筆が有名かと思います。

ですが、同じ形状でローラーボールペンも出ています。ふと「ちょっと試しに使ってみたいな」と思い立ったので、一本買ってみました。

大方の予想通り、ボールペンとしてのデザインは良いのですが、リフィルのインクの出があまり良くない。できれば、国産のリフィル、ジェットストリーム辺りが使えたら最高なんだけど……。

と思っていたら、ちょっとした工夫で使えるようになるんですね。これは知らなかった。

そこで今回は、LamyのSafariでジェットストリームのインクを使う方法をご紹介しようと思います。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法

今回の主役である文房具2種

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 1

今回の主役である、LamyのSafariのローラーボールペンタイプ。今回はスケルトンを買いました。

次に、引き立て役であるジェットストリーム。今回使うのは4色ボールペンタイプではなく、1色タイプの方なのでお間違えなく。

Safariでジェットストリームを使う方法

さて、まずはそれぞれのボールペンをパーツに分解します。

Safariの方はシンプルに、軸とリフィルだけで構成されています。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 2

ジェットストリームの方も基本は同じですが、バネが付いているんですね。無くさないように注意してください。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 3

さて、それぞれのリフィルを比べてみると、Safariのリフィルの方がちょっと長い。ジェットストリームのリフィルの方がちょっと短い。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 4

従って、このままジェットストリームのリフィルをSafariに入れても、リフィルの長さが足りず、ペン先が出てきません。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 5

そこで、この長さを埋める必要があります。逆に、この長さを埋められればなんだってOK。長さにして4mm〜5mm程度。

Googleで検索していると、「ジェットストリームに付いているバネを、Safariの後ろに入れる」という解決法が多いようです。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 6

ただ、これをやると中でバネが曲がってしまって、なんだかちょっと収まりが悪いんです。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 7

なので私は、小さいパワーストーンを入れる事にしました。直径で5mmの石です。スケルトンなのでちょっとオシャレ感も出ていいんじゃないでしょうか。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 8

ペン先もシッカリ出て、軸もブレることなく、普通に書くことができています。

LamyのSafariにジェットストリームのリフィルを対応させる方法 9

リフィルの長さを補填できるようなものであれば、なんだってOKです。私は身の回りを探してみて、手軽なのが石だっただけ。普通に柔らかい詰め物とかでも良いと思います。

ただ、追々抜けなくなるのだけは気をつけたほうが良いかもしれませんね。他のリフィルが使えなくなってしまう危険性がありますから。

あとがき

ジェットストリームの書き味は特にありません。相変わらずスラスラと書けて気持ちいいです。

Safariは万年筆ばかり使っていて、ボールペンを使うのは今回が初めて。でも、いいですね、これ。軽くて非常に使いやすい一品です。

Safariの購入を考えているなら、リフィルは国産のものが断然オススメ。ちょっと手間は掛かるかもしれませんが、やっぱり日本製のリフィルは良いですよ♪

それでは、今日はこの辺りで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です