iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

8桁も100桁も同じ!超複雑パスワードでも管理できちゃう運用方法とは

この記事のURLとタイトルをコピーする

私のWordPressのパスワード桁数は53万です!

と言うのは流石に嘘ですが、実際には100桁のパスワードを設定しています。

なぜかって?パスワードは覚えられなくなった時点で8桁も100桁も同じだからです。ですから桁数は増やしてセキュリティを強固にしたほうが良い絶対に良い。

記憶に頼らずに複数のパスワードを管理運用する仕組みづくり。これが重要です。

1箇所にまとめてすぐに取り出せる仕組みづくりを

パスワード管理の基本は「複数のパスワードを一箇所にまとめる」ところにコツがあります。

もしあなたが同じパスワードを複数のサービスで使いまわしているのであれば、それは論外。今すぐ止めてください。

自転車のカギひとつで、自宅も、車も、銀行の暗証番号さえも解除できてしまう。そんな状況を作ってはいけないのです。カギというのは1対1の関係でなくてはいけません。

そうすればきっとあなたの身の回りはカギだらけになるでしょう。そして「パスワードを覚えていられなくなる」ということを懸念されるのだと思います。

しかしそもそもパスワードというのは覚える必要のないもの。大切なのはいつでも取り出せることなのです。

パスワード管理の基本思想 たった3つのコツで劇的に運用がしやすくなる

ですから、複雑にしたパスワードをひとつの箱にまとめて、その箱をいつも手元に置いておけば良い。覚えておくべきなのは、その箱を開けるためのパスワードだけなのです。

ではその箱は何がよいか。

「1Password」を絶対おすすめします

「1Password」というサービス・アプリがありましてね。これが絶対にオススメなんです。

1Password

【Mac版】1Password

AgileBits Inc.仕事効率化, ユーティリティ¥6,000(掲載時点)詳細・ダウンロード
1Password

【iPhone版】1Password

AgileBits Inc.仕事効率化, ユーティリティ無料(掲載時点)詳細・ダウンロード

「1Password」というのは箱なんです。その中には色んな種類のカギを登録しておけます。そしてその箱である「1Password」に強固なカギをかけておきます。

何が便利かって、中にいれたカギ(パスワード)を使うときに、いちいちカギを取り出す手間がいらないって所。

一瞬でIDとPasswordを入力してくれる

私がやらなければいけないのは、「1Password」のパスワードを解除するだけ。そうすると、「1Password」が勝手に使うべきパスワードを選んで使ってくれるんです。

例えば以下のように、WordPressにログインしたいとき。ショートカットキーを押すだけで「1Password」のロック解除画面が出現。そして「1Password」のカギを解除した瞬間に、WordPressのIDとPasswordが入力されます。

1password-unlock

「1Password」という箱を開ければ、今開けたい扉のカギが箱から勝手に飛び出てきて、その鍵穴にぶっ刺してくれるんです。私がやるべきは「1Password」という小さな箱のカギを回すだけ。

iPhoneやiPadでも同様の機能がついています。「1Password」に登録してたパスワードはiPhoneなどの携帯デバイスにも情報が共有されるので、やはりカギを管理する箱は1つだけで良いのです。

「1Password」自体のセキュリティも安全

「1Password」自体のセキュリティですが、その心配も必要ありません。

「1Password」はクラウドサービスではありませんので、他者が勝手に私の「1Password」にアタックを仕掛けることはできません。

iPhoneとMacで情報は共有されますが、データの所在はいつでもiPhoneやMacの中だけ。ウェブ上にデータは存在はしないので、アタックをかけるのであれば私のiPhoneやMacを直接操作する必要があります。

WordPressやEvernoteなどのウェブサービスは違います。URLという住所さえ知られてしまえば、ガンガン扉をぶっ叩かれます。

ぶっ叩かれた扉が4桁とか8桁なんて軟弱な扉だったら、すぐに破壊されてしまいます。「1234」なんて単純なロックなら、すぐに突破されてしまいます。

でも私は大丈夫。だって100桁の暗証番号つけているから。

金庫のダイヤルを8回まわすのと100回まわすのとでは、どちらのほうがより安全でしょうか。考えるまでもありませんよね。

関連記事

パスワードの管理運用に関する考え方や「1Password」の魅力について、もっと詳しく知りたい人には過去の関連記事もおすすめしています。

執筆後記

パスワードの管理運用は悩ましい問題ですが、こればかりは妥協できません。情報が漏れれば会社が傾く時代ですから、セキュリティの重要度は昔と比べ物にならないほど高くなっています。

「1Password」は確かに高いアプリです。ですがその高いお金を払ってでも得たいのは、頑丈なセキュリティと取り扱いの楽さの両立です。

1Password

【Mac版】1Password

AgileBits Inc.仕事効率化, ユーティリティ¥6,000(掲載時点)詳細・ダウンロード
1Password

【iPhone版】1Password

AgileBits Inc.仕事効率化, ユーティリティ無料(掲載時点)詳細・ダウンロード
この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comments (5)
    1. うなさく より:

      わたしも愛用しています。現状のMacのパスワード管理はこれ一択ですね。
      ログインパスワードだけでなくキャッシュカード情報なんかも管理できて便利ですね。
      ただ、アプリのパスワードは強固にできても、1Passwordのマスターパスワードだけは覚えていられる範囲でしか設定できないのが悩み所だったりします。長くしてしまうと入力が面倒です。

    2. あおみどり より:

      「データの所在はいつでもiPhoneやMacの中だけ」とありますが、iPhoneとMacで共有できる以上、クラウド上にデータはあると思います。
      もちろん暗号化されているでしょうし、普通のウェブサービスのように適当に「ID・パスワード」を入れてみてログインを試み、中身を盗んだりはできない分安全だとは思いますが。

      1. bamka_t より:

        > あおみどりさん

        仰るとおり、同期の形式をiCloudやDropboxにしていれいば、そこにデータを入れることになってしまいますね。
        ただ同期の形式をWi-Fiにすれば、たぶんデータをどこにも置かずに同期が取れるんだと思うんですよね。詳しい仕組みはわかりませんが。

    3. りくパパ より:

      いつも参考にさせて頂いております。

      私も1passwordを使用(iphone、imacで)してみたのですが、私のボキャブラリーがなく
      カテゴリー分けが出来ず【ログイン】にすべてぶっこんでいます。。。
      件数も100程ありカテゴリー別にきちんと整理したいのですが、ばんか様はどのように分けていらっしゃいますか?

      1. bamka_t より:

        > りくぱぱさん

        私もカテゴリ分けしてませんよ!面倒くさいですから!
        検索したいときはドメインで検索したりしてます!整理整頓は基本的にいらないと思いますよ♪

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です