iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

せめてウェブクリップにはハイライトを入れた方が良い3つの理由 [Evernote]

この記事のURLとタイトルをコピーする

気になったページはとりあえずEvernoteへ放り込む。そうやって溜め込んだウェブクリップノートブックは、いつの間にかゴミ箱のような扱いに…。Evernoteあるあるの一つですね。

私も、いつ役に立つのか分からないから、とりあえずクリップしてます。これがブログの種になるので、一概に無駄とは言えないのが、また困った所。いつ・どこで役に立つか分からないので、捨てに捨てきれないウェブクリップ達。

そんなウェブクリップ達を無駄にしないために、色んな方法が思いつきます。タグの管理もそうですし、クリップしたページには必ずコメントを残すようにするのも一つの手段です。

あともう1つ私の方から提案があるとすれば、ハイライトを付けるのはいかがでしょうか。

Clearly Lightly  ウェブクリップにハイライトを付ける 001

ハイライトにはどんな効果があるのか

ハイライトは、ウェブクリップしたページの特定のテキストに、色を付けるテクニックです。方法は後述しますが、これの良さは “際立たせる” ことにあります。当たり前な話ですけれどね。

スポットライトを当てると、そこに視線が集まります。真っ白な白紙に小さな黒い点が一つあれば、そこに集中します。

それと同じように、白地に黒いテキストが並んでいる中では、ハイライトが付いているだけで注目の度合いが違います。

素早くページをスクロールしていても、決して見逃しません。それほど「異物」が入るのは注目を集めるのです。


ハイライトをつけるべき3つの理由

では、何故ウェブクリップにハイライトをつけるべきなのでしょうか。特定のテキストに注目を集める必要があるのでしょうか。

それについては、大きく3つの理由があります。

重要なキーワードを埋もれさせない

まず、本文中のキーワードを浮き上がらせるためです。

長い文章の中でも、一つの記事には一つのメッセージがあります。会心の一文がそこにはあり、全てを言い表すほどの力があります。

その、文字通りキーとなるワードを、瞬時に取り出せるようにするのが、ハイライトを付ける一つ目の理由です。

初めて読んだ時と同じ時間をかけない

これに伴い、キーワードを抜き出すことは、時間の大幅な節約になり得ます。

古いウェブクリップを見返す時、頭から尻尾までを隅々まで読んではいませんか?一度読んだページのはずなのに、またも同じだけの時間をかけて読んでいる。そして、内容の理解に同じだけの時間をかけている。

これでは勿体無い。同じ物を二回目・三回目に読むのであれば、以前よりもスピーディーに内容を理解できなければいけません。

ハイライトがあると、メリハリが効きます。見逃してはいけないクリティカルな文章が明確なので、初心とは違うスピードで読めるのです。

自分がクリップした理由の道標

最後に、ハイライトを付けておくと、その時の自分が何を気にしていたかが分かります。

過去の自分が、何故このページをクリップしたのか。その理由は、ハイライトを辿ることで見えてきます。

そうすると、要点が掴みやすいだけでなく、今の自分との変化に気がつけます。

今の自分が、過去の自分と違う部分に共感を受けている。それを感じ取れるのは、過去の自分の軌跡が残っている時に限るんです。


ハイライトをつけながらウェブクリップする方法

では、どうやってハイライトをつけながらウェブクリップをするのか。その方法を、パソコン版とiPhone版の二つ、ご紹介します。

パソコン:Clearly

パソコンからハイライト付きのウェブクリップをするなら、ブラウザアドオンの「Clearly」が便利です。

Evernote Clearly | Evernote

Clearlyは、余計なフォーマットを全て削除して、本文だけを抜き出してくれるウェブクリップツール。クリップしたいページで起動するだけの簡単操作です。

そして、起動した後に、自分が気になったテキストを選択。その後、ハイライトボタンを押すだけで、選択したテキストにハイライトが付きます。

Clearlyの使い方1 1
Clearlyの使い方2

iPhone:Lightly

iPhoneでハイライト付きウェブクリップをするなら「Lightly」が適役です。

Lightly Lightly
価格: ¥300
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする


こちらも使い方は非常に簡単。iPhoneのSafariを開いて、ハイライトしたい部分を選択。そしてコピーします。

Lightlyの使い方1

そのままSafariを終了し、アプリ「Lightly」を起動。すると、コピーした部分をハイライトした状態で、該当するページをウェブクリップしてくれます。

Lightlyの使い方2

一度アプリを起動すると、しばらくは効力が続きます。つまり、改めてSafariを開いてページ内のテキストをコピーをすると、コピーした端からウェブクリップをしてくれます。

ウェブサーフィンをし、気になったらコピー。これだけでウェブクリップが出来てしまう、非常に効率的なアプリなんです。


あとがき

ほんの少しの手間を加えるだけで、後々の自分に役立てられる。今の十秒を犠牲にするだけで、後の一分を手に入れられます。

未来の自分のために、今の自分ができることを考えてみましょう。

もしかしたら、ハイライトを付けるだけが最善策ではないかもしれません。いや、きっとそうでしょう。他にも色々方法はあるはずです。

ですが、面倒を最大限省きつつ、未来に役立つウェブクリップをするのであれば、ハイライトぐらいは付けてクリップした方が良いでしょう。

それでは、今日はこのあたりで。




この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする
    Comment (1)
    1. kiki より:

      大変参考になりました。少し疑問があり直接メールを送らしていただいたのですがもしよろしければ教えてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です