iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

[Keynote] Shiftを押せば図形のサイズ調整も移動も超簡単になる

この記事のURLとタイトルをコピーする

Keynoteで図形を扱う場合、そのサイズや位置の調整が難しかったりしますよね。でもこれ、たった一個のTIPSを知ってるだけで格段に簡単になるんです。

それは非常にシンプルで、Shiftキーを押しながら操作するんです。これだけで、サイズも移動もビシッと決まる。覚えておかないと損しちゃいますよ。

そこで今回は、KeynoteにおけるShiftキーの威力をご紹介しようと思います。

Keynote Shiftを押せばサイズ調整も図形移動も超簡単になる

図形の縦横比を維持したまま拡大・縮小

図形のサイズを調整する時、Shiftキーを押したまま図形サイズを変更してみましょう。

すると、その図形の縦横比を維持したままに、大きくしたり小さくしたりできるんです。
Keynote Shiftを押せばサイズ調整も図形移動も超簡単になる 1

移動は真下も真横も、斜めにも

今度は、図形を移動させる時に、Shiftキーを押してみましょう。すると、図形が真下・真横に移動するかと思います。

移動させられる方向は8方向。45度ずつキッチリ移動させることができます。つまり、斜め移動も可ってこと。
Keynote Shiftを押せばサイズ調整も図形移動も超簡単になる 2

ちなみに、Shiftキーを押しながら矢印キーを押すと、一定間隔で図形を移動させられます。これも結構使う小技なので覚えておきましょう。

図形の回転は45度ずつ

最後に、図形を回転させる時のTIPSです。

まず、図形の回転のさせ方を説明しますね。図形を選択した状態で、右の「フォーマット」から「配置」を選択し、その中の「回転」を使います。
Keynote Shiftを押せばサイズ調整も図形移動も超簡単になる 4

メモリをぐるぐる回すか、角度の数値を入力すると、図形が回転します。

ですがコレ、面倒ですよね。ピッタリ45度・90度回転させたい時に、いちいち数値を入力するのは手間です。

そこで、Shiftキーを押しながらメモリを回してみてください。キッカリ45度ずつ図形を回すことができます。
Keynote Shiftを押せばサイズ調整も図形移動も超簡単になる 3

あとがき

Shiftキーの役割を知らなかった時は、メッチャ目押しでサイズを調整していました。あの時の苦労は計り知れません。

今ではShiftキーを押しながらパパっと図形を並べられるので、スライドの作成が非常に効率的に出来ています。生産性向上には見逃せない機能なので、覚えておきましょう。

それでは、今日はこのあたりで。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする