iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

[Keynote] テキストが改行になったときの行間の広さを調整する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

Keynoteのテキスト入力で、行と行の間のスペースを広くしたり狭くしたり調整をしたい。いわゆる「行間」の調整方法についてご紹介します。

Keynote line height 2

スライドの空きスペースの問題で、どうしても行と行の間を詰めなくちゃいけない。もしくは、好きなフォントがあるんだけど、どうしても行間が広くなりすぎて間延びする。

そんなときには、行間を調整するこのテクニックを覚えておくと、スライド作成の幅も広がるかもしれません。実際に私は多用するテクニックのひとつですね。

行と行の間のスペース「行間」を調整する方法

1まず、①行間を調整したテキスト要素を選択します。そして、②右のナビゲーションの「テキスト」を選択し、③下にある「間隔」の「行」の値を調整します。

Keynote line height 3

2実はこれだけ。ここの値を調整することで、行間を広くしたり狭くしたりできます。

Keynote line height 4

一度は覚えても、意外とぽっかり忘れてしまうこの方法。そのくせ結構な頻度で使いますから、ぜひメモをしておくようにしましょう。

それでは、短いですが今日はこのあたりで。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。
管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。
各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です