iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

日常生活で起こりえるiPhoneがメッチャ熱くなる原因と対処法

この記事のURLとタイトルをコピーする

夏の暑さも少し和らぎ、冷たい秋の風が肌寒さを感じさせる今日このごろ、みなさんいかがお過ごしですか。

この季節になると少し落ち着いてくるんですけど、それでも「操作していたiPhoneが激しく熱くなって触れない!」ってことが、たまにあります。

触れない!っていうのは大げさかもしれませんが、iPhoneに異常があるんじゃないかと心配になる程度には熱くなります。「なんでこんなに熱くなるん?iPhoneだいじょうぶ?爆発しない?!」なんて、いろいろ考えてしまいますね。

そこで今回は、iPhoneが熱くなってしまう原因について調べてみました。ぜひご参考にどうぞ。

IPhoneがメッチャ熱くなる原因と対応策について調べてみた

外側からの発熱と内側からの発熱

iPhoneが熱くなる理由については、大きくふたつに分けられます。それは、熱さの原因が「外側から」なのか「内側から」なのか

「外側から」というのは、今の環境によってiPhone自体が温められてしまっている状態です。それは例えば「直射日光」や「室温が高い」などが上げられます。ドライヤーの風を直接当てても、熱を持つ原因のひとつになるでしょう。

「内側から」というのは、iPhoneが内部から熱くなってしまう状態。例えば「充電」もその理由のひとつ。他には「処理能力を激しく求められるアプリの使用」が考えられますね。

このように原因はいろいろと考えられますが、私の日常生活でよく直面する「熱くなる場面」について少し振り返ってみます。

よくある「外側からの発熱」について

直射日光

夏場はこれが原因でよく熱くなってしまっていました。家にいる時よりも、外出先ですね。外でスマホを操作しているとき、知らず知らずのうちに直射日光を受けていて、それが原因で熱くなります。

ポケットの中

加えて、私はいつもiPhoneをポケットの中に入れています。これが原因で、iPhoneを取り巻く環境に熱がこもってしまい、iPhoneが熱くなる原因となっていたのでした。

その他、閉めきった室内や車の中などは、温度が上がりやすい場所ですので要注意です。

密封度の高いケースの使用

私はiPhoneをいつも裸で使っていて、ケースは使いません。背面にリングを取り付けているだけなので、基本的にはさらけ出している状態です。

しかし中には、ごっついケースを使用している人もいるでしょう。そうすると、iPhoneが熱を放出することができず、熱がこもってしまい、結果iPhoneが熱くなってしまいます。

分厚いケースを使用していて、iPhoneを丸っと覆っているようなケースを使用している人は、注意しましょう。

よくある「内側からの発熱」について

充電

充電自体も、iPhoneが熱を持つ大きな原因になります。充電は、iPhoneのバッテリーに電圧が掛かりますからね。熱を発するのは仕方のないことです。

コンセントでの充電をイメージしがちですが、モバイルバッテリーによる充電でも熱を持ちますから、その点は要注意です。

処理能力を激しく求められるアプリの使用

つまりはゲームですね。iPhoneだって人間と同じで、頑張って頭を働かせれば働かせるほど熱を持ちます。

ゲームのようにCPUの稼働率が高くなるようなアプリを使用していると、iPhone自体が大きく熱を発するようになってしまいます。

原因はひとつではなく、複合的に影響しあっている

これらが、私がよく直面する「熱くなる原因」です。

ただ、どれかひとつを取ってみても、別にiPhoneが熱くなるわけではありません。充電しただけでは、iPhoneは熱くならないのです。

これらひとつひとつの原因が、複数重なったときに、iPhoneは異常なまで熱を持ってしまうんです。

例えば「晴れた日に、モバイルバッテリーで充電しながら、外でゲームをする」なんて状況だと、iPhoneはメチャクチャ熱くなります。

ひどいときなんて、冗談抜きで触っていられないほど熱くなります。この夏で何回も体験しましたから。

じゃあ、熱くなったらどうすればいいのか?

iPhoneが熱くなってしまったら、冷やさなければなりません。

しかし、保冷剤を当ててみたり、冷蔵庫にいれてはダメです。

水気のあるものでiPhoneを急激に冷やしてしまうと、iPhone内部に水滴が付着してしまい、ショートや水漏れ検知のインジゲータが反応してしまう場合があるそうなのです。

そうなればiPhoneが壊れてしまいますので、決してやらないようにしましょう。

正しくは、自然の風でゆっくり冷やしていくこと。もし急ぐようであれば、扇風機などを使うといいですね。

参考リンク

あとがき

秋が近づくにつれて、iPhoneが熱を持つことも少なくなるでしょう。

でも、やっぱり「室内で充電しながらゲームをする」なんてことをやっていると、iPhoneはすぐに熱くなってしまいます。

ちょっと気をつけてあげられるといいですね。

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です