iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

メッセージカードを買い貯めて、何気ない時にスッと渡してみよう

この記事のURLとタイトルをコピーする

みなさんは、メッセージカードって使いますか?私は結構よく使います。

誕生日やクリスマスなどの大型イベントの時には、必ずと言っていいほどプレゼントにカードを添えて渡します。

また、普段の何気ない日にも、ちょっとした一言をカードに添えてプレゼントと一緒に渡したりしています。プレゼントなんて言えるほどの物じゃなくても、例えばお土産のケーキを買って帰った時とか。そんな何でも無い日にチラッと渡してみたりします。

意外とそういう “なんでもない普通の日” の方が、サプライズ感があって喜んでもらえたりするんですよ。

だから結構、思いつきで動くんです。嫁さんに対しては「最近よく頑張ってくれてるなぁ」なんてふと思って、甘いお菓子を買って帰ったり。知人・友人に対しても「そういえばこの前お土産もらったから、お返しに何かプレゼントしよう」なんて思って用意してみたり。

そういう思いつきや、突発的な「こうしよう!」「こうしてあげたい!」という気持ちは大切にしています。

なので私は、こういう突発的な思いつきにも対応できるように、メッセージカードはある程度ストックして持っておくようにしているんです。

メッセージカードをストックしています

今現在、私の手元にあるメッセージカードはこれだけあります。特に、シンプルな「for You」と書かれたカードや「Thank you!」のカードは使う頻度も高くなりがちなので、余裕をもって持つようにしています。

「Happy Birthday!」も結構メジャーかと思いますが、使えるシーンが限定的なんですよね。なのでそんなに多く持っていても仕方がありません。

それよりも、ストックするなら「for You」や「Thank you!」のカードがオススメ。意味として包括的で、使えるシーンが非常に幅広いので、たくさん持っていても無駄になりにくいのです。

誕生日のお祝いのカードに「for You」を使ったって変じゃありません。「Thank you!」のカードだって、中に書くメッセージに「いつもありがとう」の気持ちを込めれば、似つかわしくないなんて事はありません。

後は、レターセットを持っておくのも便利ですよ。封筒とレターのセットが複数入ったもので、一個買っておけば何人か分になります。最近私が買ったのは、ちょっと可愛いネコモチーフのレターセットでした。

封筒の口の部分がネコのモチーフになっていて、口を留めるとちょうど影を描いたようなデザインになります。かわいいでしょー。二子玉川の伊東屋で一目惚れしてしまいました。

メッセージカードはもっと手軽で良い

メッセージカードと聞くと、なんだか重苦しく考えたり、長くて想いの詰まった文章を書かなくちゃいけない。そんな勝手なイメージを持っていませんか?

メッセージカードやグリーティングカードって、もっと手軽で身近なものです。手紙とは違って、本当に一言二言書くだけだってOKなんですよ。

ちゃんとそこに気持ちが込もっていれば、それで良いんです。と、私は思っています。

一番ダメなのは、筆が重いからってカードを渡さないこと。「カードを書こうかなぁ」と思った気持ちが、「そんなに改めて書くこともないや」なんて気持ちが芽生えたせいで、結局書かずに終わった。そんなに勿体無いことはありません。

こういうのは気持ちが大事。そして、それを伝えようとトライするのが大切なんです。文章の長さや質なんて二の次。手書きで一言「いつもありがとう」と添えられたカードが、実は一番心に響いてくるものなのです。

あとがき

たまにはご家族にメッセージカードを送ってみてはいかがでしょう。一番身近な人だからこそ、改まって手書きのカードをもらったら嬉しいはずです。

もしかしたら、ちょっとこっ恥ずかしいかも。でも、そんな恥ずかしさは一度我慢して、ほんの少しでも “毎日の感謝の気持ち” を形にしてみてはどうでしょうか。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする