iPhone・Mac・ウェブサービス・文房具について「生活に活かせる実用的な活用術」を提供するメディア

【Mac】ウインドウを一瞬で所定のサイズと位置にリサイズする便利技【BTT活用】

この記事のURLとタイトルをコピーする
btt-resize-shortcut

Macでの作業効率を上げるには、限られた画面の中で、効率よくウインドウを配置することが大切だ。

もしあなたが、何かアプリを立ち上げるたびに、一生懸命ウインドウのサイズを手作業で調整しているのだとしたら、それはとても大変だし、時間も神経も消耗する作業だろう。

「一日に二度おなじことをするのに、楽できる仕組みを作らないのは三流だ」とぼくのじいさんが言うように、Macでのウインドウのりサイズ作業は、以下のようにワンタップでできるようにしておくのがオススメだ。

Macのアプリ「BetterTouchTool」を利用すれば、この「一発リサイズ」を実現するのもカンタンだ。細かく自分好みにカスタマイズもできるので、ぜひ活用しよう。

BetterTouchToolとは

BetterTouchToolは、Macの設定を自分好みに自由にカスタマイズできるアプリ。キーボードショートカットやトラックパッド、マジックマウスの設定を変えたり、Macに新しい機能を付与したりできる。

ダウンロードはこちら;folivora.ai – Great Tools for your Mac!

BetterTouchToolを利用したウインドウリサイズ術

BetterTouchToolを使えば、大きく2種類の方法で、ウインドウのサイズを一瞬でリサイズすることができる。

キーボードショートカット編

ひとつはキーボードショートカットだ。自分で設定したボタンを押すだけで、ウインドウを上下左右のいずれかに一瞬で移動・可変させられる。

可変させたときのウインドウのサイズは、予め自分で設定できる。ぼくは左右にリサイズしたときの幅を、左が65%、右が35%になるようにしている。

キーボードショートカットは【command + option + shift】を押しながら【←↓→↑】のいずれかとしている。設定は「Gesture/Triggers」の「Keyboard」で自作可能だ。

btt-resize-shortcut_1
btt-resize-shortcut_2

可変するウインドウのサイズは「Advanced Settings」の「Window Snapping」にある「Normal Snapping / Moving」から調整が可能だ。

btt-resize-shortcut_3

画面端リサイズ編

もうひとつのリサイズ方法は、ウインドウを画面端に移動させることで一発リサイズさせる方法。上下左右、あるいはMacの四隅にウインドウを移動させると、パッとウインドウがリサイズされるのだ。

ウインドウのサイズは、高さは50% / 50%、左右の幅はさきほどと同じく65% / 35%としている。

たとえば左上の隅にウインドウを移動させると、【高さ:50%/横:65%】というサイズになる。また、画面上に移動させると、全画面表示になるようにしている。

設定画面の「Advanced Settings」の「Window Snapping」にある「Window Snapping Enabled」にチェックを入れると、この機能が使えるようになる。

btt-resize-shortcut_4

※クリックすると画像を拡大できます。

すべて英語で表記されているが、そこまで複雑な設定もない。もしよければぼくと同じ設定にしておけば、間違いなく使えるので、ぜひ参考にしてみて欲しい。

ウインドウを左右・四隅に移動させるのには、以下の記事で紹介した「controlキーを押しながらウインドウを移動させる方法」を合わせて活用すると、さらに効率化が進む。ぜひ設定しておこう。

今日も来てくれて、ありがとうございます!

記事への感想や質問Twitterでいただけると喜びます。返信します。フォローはしなくてもいいけど、してくれたらもっと嬉しいです!

この記事のURLとタイトルをコピーする
当ブログの管理人
ばんか (bamka)
ばんか (bamka)ウェブディレクター・ブログ運営
iPhone・iPad・Mac。Evernoteなどのウェブサービス。ときどき文房具など。これらを使った『生活に活かせる実用的な活用術』をご提供しています。 管理人は当ブログの運営の他に、ウェブディレクター・ライター・セミナー講師など、いろいろな分野で活動しています。詳細は当ブログのプロフィールページをご覧ください。 各種仕事のご依頼も承っておりますので、ご希望の方はお問い合わせフォームからご連絡ください。
執筆著書
    SNSでフォローする