02_アプリの使い方・活用方法 04_ウェブディレクター 05_ウェブブラウザ系 07_仕事で役立つ情報

ユーザーエージェントでガラケー(フィーチャーフォン)のサイトを確認する方法

ウェブディレクターの嫌いなOSトップ3は、「IE」「古い Android OS」「ガラケー(フィーチャーフォン)」です(私の周り調べ)。

すでに "過去の遺産" となりつつあるガラケー(フィーチャーフォン)ですが、ユーザーが0というわけではありません。なので未だに、サイトの動作確認がフィーチャーフォンに対しても必要な案件があったりします。

そんな時に、ユーザーエージェントでサクッと確認する方法があるので、シェアしておこうと思います。

User-Agent Switcher をガラケーに対応させる

パソコンからガラケー(フィーチャーフォン)のユーザーエージェントを使用するには、Google Chrome の アドオンである「User-Agent Switcher」を使用するのが、一番簡単だと思います。

まずは、Google Chrome の「User-Agent Switcher」をインストールしましょう。以下のURLからインストール可能です。

インストールしたら、アドオンのアイコンを右クリックして「オプション」を開きます。

ユーザーエージェントでガラケー フィーチャーフォン のサイトを確認する方法 1

オプションを開いたら、左メニューを「Custom user-Agents」にし、一番上の項目に必要事項を入力。最後に「Add」を選択して完了です。

ユーザーエージェントでガラケー フィーチャーフォン のサイトを確認する方法 2

設定項目について

Name:わかりやすい名前を。私は「ガラケー(機種名)」としました。
User-Agent String:ユーザーエージェント情報 (※後述) を入力。私は「DoCoMo/2.0 P900i」
Group:管理の問題なので「FeaturePhone」で良いと思います。
Append:「Replace」のままでOK。
Indicator Flag:判別しやすい英数字でOK。私は「F9」にしました。

ユーザーエージェント情報について

上記の項目の中で入力する「ユーザーエージェント情報」ですが、それは以下のサイトに一覧になっているので参照しましょう。
ガラケーだけでなく、各種デバイスのユーザーエージェント情報がまとまっていますので、今後もお世話になると思います。

ユーザーエージェントでガラケー フィーチャーフォン のサイトを確認する方法 3

結果

新しいユーザーエージェントの設定が完了すると、アドオンのメニューに先ほど作ったユーザーエージェントが追加されます。

ユーザーエージェントでガラケー フィーチャーフォン のサイトを確認する方法 4

試しに、Google での検索結果ページで使用してみましょう。すると、なんだか懐かしい感じの見た目になるかと思います。

ユーザーエージェントでガラケー フィーチャーフォン のサイトを確認する方法 5

あとがき

フィーチャーフォンの動作確認をすることは非常に稀ですが、その稀なケースに遭遇した時の対処法として参考にしてみてください。

関連キーワードからさらに見る

\ この情報をシェアしよう! /

-02_アプリの使い方・活用方法, 04_ウェブディレクター, 05_ウェブブラウザ系, 07_仕事で役立つ情報
-, , ,

Copyright© あなたのスイッチを押すブログ , 2020 All Rights Reserved.